日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

アルミホイルの嬉しい作用

すっきりしないお天気が続いています……


気温が低いので梅雨時のような不快感は感じませんが
庭の土は乾かないし
薔薇の病気も心配だし
洗濯物もお日様に当てたいし・・・
そろそろ青い空の下で爽やかな風が吹いてくれないと
頭の中まで風通しが悪くなりそうです。





せめて台所だけでもスッキリと、ということで
水回りのお話をひとつ。


台所の排水口のカゴの‘ぬめり’って嫌なものですよね。
ブラシでゴシゴシこすってもなかなか落ちないし
きれいな状態を保つのはとても大変......
e0021328_01324777.jpg

そんな汚れを付きにくくするために
アルミホイルが良い働きをしてくれることをご存知でしょうか。


e0021328_01325308.jpg

くるくるっと丸めて入れておくだけ。


e0021328_01330092.jpg

アルミホイルが水と反応して発生する金属イオンが
細菌の繁殖を防いでくれるのだそう。


これを入れるようにしてからは
掃除が格段に楽になりました。



私は週に2回、ゴミ出しの日に合わせて取り替えていますが
金属イオンの効果はもう少し長く続きそうです。
(月に一度替えれば良いという話もありました)

アルミホイルは必ずしも新しいものでなくても良く、
調理に使ったあとのものでも構わないのです。

水と触れる面積が大きいほうが良いので
小さく硬く丸めるのではなく、フワッと...♪

ぜひお試しを......(*^ー^*)b






[PR]
# by setsukocookie | 2016-09-24 00:33 | 日々の暮らし | Comments(4)

眠りから目覚めたクリスティアーナ

5月の上旬にはこんなに麗しい姿を見せてくれていた
クリスティアーナですが
e0021328_00400429.jpg


一番花が終って花後の剪定をした後
異変が発生しました。


昨年の12月に大苗で迎えた若い株ですが
本来ならば新芽が動き出して新しい葉が展開していく時期…
しかもつるバラですから、この春はきっと勢いよく伸びて
長くなり過ぎた枝はどうやって支えよう…なんて先の心配までしていたのですが。
芽の動く気配がまったく見られず、
かと言って葉が枯れ落ちる訳でもなく、フリーズ状態に…。




e0021328_20424621.jpg
そして6月上旬には
葉のフチがこんな色になりました。

気温の高い日もありましたから、葉焼けか水切れでも起こしたのかと
最初は思っていましたが、今までに見たことのない現象なので不安になり
ネットで検索してみたところ
どうやら褐斑病に罹っている...ということが判明しました。


e0021328_20425640.jpg
黒点病も併発して哀れな姿に...(u_u;)
(他の薔薇と同様に殺菌剤の散布はしていたのですが)



褐斑病は糸状菌(しじょうきん)が原因で起こる病気で
温度と湿度が高い時期に発生しやすいのだそうです。 

症状が進むと葉が黄変して落葉し、やがて枯れてしまう怖い病気だということで青ざめましたが
治療法があると判って少し安心しました。

その治療法に従い、ダコニール1000(殺菌剤)を規定の倍率(1000倍)に薄めて
株元にたっぷりと灌水(→土壌中の菌を殺菌)しました。
2回行えばほとんど完治するということで、一週間おいて2回目を実施。
その2回目から2週間ほどしてから鉢増しをして新しい土を増やし
殺菌剤によって死滅してしまった有益菌を補う為に
有機肥料も与えました。
(ここまで7月上旬のことです)




そして7月の末、
e0021328_20430307.jpg
遂に芽が動き出しました!


まるで悪い魔法が解けて眠りから覚めたかのように
ほぼ全ての枝先から新芽が伸びました。
春の芽吹きも感動的ですが
枯れてしまうかもしれなかった病気からの復活は、感動もひとしおです。
                                                                                                                               
e0021328_00402834.jpg
その後、赤い葉は綺麗なグリーンへと変わり
株全体に精気が戻って来ました。

小さな蕾もいくつか付けましたが
さすがに病み上がりの状態では咲かせるわけには行かず
摘蕾しました。


秋にはまた美しい花に出会うことが出来るでしょうか...
9月は台風が来たり長雨の季節でもありますから
病気が再発したりすることのないよう、気が抜けません。
しっかりと観察しながら、大事にケアしていきたいと思います。







[PR]
# by setsukocookie | 2016-09-04 01:11 | ガーデニング&植物 | Comments(6)

真夏の薔薇

セントセシリアが夏の間もとても元気で
美しい花をたくさん見せてくれました......♪

e0021328_23413295.jpg

(8月中旬の写真です)





e0021328_23414091.jpg

くすみの無い本当に美しいピンクで
春の端正なロゼット咲きとは少し違って
ふわっと軽やかな咲き方…
でも崩れ過ぎることなく、品のある表情を保っていました。







e0021328_00591683.jpg


プランターで咲いているのはインフィニティ・ローズで
その左がセント・セシリア。
インフィニティは7月は黒点病が酷くて目を覆いたくなるような状態でしたが
その後新しい葉に生え替わって、美しい花を咲かせてくれました。


花の少ない夏に一服の清涼剤のように気持ちを癒してくれた夏の薔薇ですが
前回の台風接近の前に全てカットして、今は体力温存中です。




今回の台風10号は超大型ということと
『かつて無い』という言葉が繰り返し強調されていたので
どんなことになるのかと戦々恐々としていましたが
幸いにもこちらは雨も風も大したことなく済みました。
東北地方で大きな被害が出ていることには心が痛みます...

台風は進路次第で影響が全く変わって来るので
発生する度にハラハラします。
今シーズンあと幾つの台風を迎えることになるのでしょうか・・・



高過ぎない気温と、強過ぎない風と、適量の雨…
穏やかな天気が続くことを祈るばかりです。









[PR]
# by setsukocookie | 2016-08-31 01:30 | ガーデニング&植物 | Comments(2)

15歳の誕生日に

すっかり遅れての更新となってしまいましたが
8月16日に
クッキーが15歳の誕生日を迎えました。

e0021328_01131152.jpg


いつもの散歩道の桜並木の緑が一段と濃さを増し
蝉が誇らし気に大合唱を奏で
毎年気温が一番上がるこの時期。
今年は30℃を少し越えたくらいで
この時期としては過ごしやすく
暑さを心地良く感じながら歩くことができました。




e0021328_00352020.jpg


木陰を選びつつ、元気に歩きます…♪




e0021328_00363489.jpg


ひと休みしてリフレッシュ…♪




e0021328_00165288.jpg


表彰台のような石に登って15歳の記念撮影。
ひまわりさんたちが祝福してくれているみたいですね(*^^*)





犬の15歳は人間の歳にすると76歳だそう(小型犬の場合)。
見た目が老けないのにもうとっくに私達の歳を追い越してしまって
ちょっと切ない想いもありますが
今年も元気に誕生日を迎えられたのはとても幸せなこと…


若い頃は健康上の問題は何ひとつ無かったクッキーですが
昨年から幾つかの心配な所見が見つかり
獣医さん通いが欠かせなくなりました。
と言っても普段はとても元気で
散歩大好き、食べるの大好き、遊ぶの大好き…は今も健在です。




e0021328_00382067.jpg


ずっとずっと笑顔で過ごせますように。

それが何よりの願いです............♡











[PR]
# by setsukocookie | 2016-08-24 01:01 | 犬との暮らし | Comments(4)

宿根草の花壇とアーティチョーク

e0021328_23530609.jpg


東側の花壇では今、ノリウツギとブッドレアが盛んに咲いています。

アジサイに似たノリウツギは花の少ない夏に庭を彩ってくれる貴重な存在。
ブッドレアの‘ピンクパール’と‘ブルーダイヤモンド’と共に、この場所に植えて7年目を迎え
安定した花付きを見せてくるようになりました。



このブッドレアの奥で今年はアーティチョークを育てていました。
今はもう終わってしまいましたが、大きな花が咲いたときは感動的でした♡

花が咲くまでの様子を夫がブログで記事にしていますので
よろしければご覧ください… → 





e0021328_00261867.jpg
更に奥の面では
フォールスタッフが今年もサイドシュートを勢い良く伸ばし、
その足元でカラミンサ、三尺バーベナなどが咲いています。

宿根草はどうしても春に咲くものを中心に選んでしまうので
夏に咲く花をもう少し増やしていきたい......と思っています。







[PR]
# by setsukocookie | 2016-08-10 01:29 | Comments(6)