「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

15歳の誕生日に

すっかり遅れての更新となってしまいましたが
8月16日に
クッキーが15歳の誕生日を迎えました。

e0021328_01131152.jpg


いつもの散歩道の桜並木の緑が一段と濃さを増し
蝉が誇らし気に大合唱を奏で
毎年気温が一番上がるこの時期。
今年は30℃を少し越えたくらいで
この時期としては過ごしやすく
暑さを心地良く感じながら歩くことができました。




e0021328_00352020.jpg


木陰を選びつつ、元気に歩きます…♪




e0021328_00363489.jpg


ひと休みしてリフレッシュ…♪




e0021328_00165288.jpg


表彰台のような石に登って15歳の記念撮影。
ひまわりさんたちが祝福してくれているみたいですね(*^^*)





犬の15歳は人間の歳にすると76歳だそう(小型犬の場合)。
見た目が老けないのにもうとっくに私達の歳を追い越してしまって
ちょっと切ない想いもありますが
今年も元気に誕生日を迎えられたのはとても幸せなこと…


若い頃は健康上の問題は何ひとつ無かったクッキーですが
昨年から幾つかの心配な所見が見つかり
獣医さん通いが欠かせなくなりました。
と言っても普段はとても元気で
散歩大好き、食べるの大好き、遊ぶの大好き…は今も健在です。




e0021328_00382067.jpg


ずっとずっと笑顔で過ごせますように。

それが何よりの願いです............♡











[PR]
# by setsukocookie | 2016-08-24 01:01 | 犬との暮らし | Comments(0)

宿根草の花壇とアーティチョーク

e0021328_23530609.jpg


東側の花壇では今、ノリウツギとブッドレアが盛んに咲いています。

アジサイに似たノリウツギは花の少ない夏に庭を彩ってくれる貴重な存在。
ブッドレアの‘ピンクパール’と‘ブルーダイヤモンド’と共に、この場所に植えて7年目を迎え
安定した花付きを見せてくるようになりました。



このブッドレアの奥で今年はアーティチョークを育てていました。
今はもう終わってしまいましたが、大きな花が咲いたときは感動的でした♡

花が咲くまでの様子を夫がブログで記事にしていますので
よろしければご覧ください… → 





e0021328_00261867.jpg
更に奥の面では
フォールスタッフが今年もサイドシュートを勢い良く伸ばし、
その足元でカラミンサ、三尺バーベナなどが咲いています。

宿根草はどうしても春に咲くものを中心に選んでしまうので
夏に咲く花をもう少し増やしていきたい......と思っています。







[PR]
# by setsukocookie | 2016-08-10 01:29 | Comments(6)

夏の空

ある日の16時50分頃の南西の空です。
e0021328_00533542.jpg


深い緑と、青い空と、真っ白な雲。
夏ならではの強いコントラストは
気持ちの清涼剤に...







そして、別の日の18時40分頃
e0021328_16185703.jpg

日が暮れていく前のほんの一瞬、美しい色に染まる空。
そして吹き渡る心地良い風...。
日中の強い日差しと酷暑とは別世界のような、心を潤してくれる季節の贈り物です。







今日は立秋。
暦の上では早くも『秋』ということになりますが
暑さはまだまだこれからが本番。
皆様、どうかお体に十分気をつけてお過ごしください………☆








[PR]
# by setsukocookie | 2016-08-07 23:45 | 日々の暮らし | Comments(2)

築50年の家と祖父母の思い出

ここ数日間、実家に頻繁に帰っていた・・・と先日書きましたが
その理由は
実家と隣接している祖父母の住んでいた家を取り壊すことになった為に
家の中の全てを片付けることが目的でした。


実家の母との共同作業。
休日には弟や兄、義姉も加わっての大仕事となりましたが
家一軒をすっかり空にするというのはかなりの時間と根気の要る作業でした......




24年前に祖父が逝き、その後一人で住んでいた祖母が亡くなってから8年になりますが
思い切って片付けるきっかけのないまま時が過ぎ
家の中のほとんどのものが祖母が暮らしていた当時のまま残されていました。
懐かしい空間と思い出深い物たちに囲まれていると
そこで祖父母と交わした会話や懐かしい笑顔が鮮明に思い出され
三、四十年も前の記憶が不思議なくらい次々と甦りました。


実家とはすぐ隣ですから数秒で行ったり来たりできる距離なのですが
子供の頃は夏休みに泊りに行ったりもしました。
近くても実家とは違う空気や時間がそこには流れていて
子供心にワクワクする体験だったのを覚えています。


自分が年を重ねるにつれ祖父母の家に上がる機会は減ってしまい
結婚して実家を離れてからは更に訪ねる機会も少なくなってしまいましたが
実家に帰ればいつも隣にあって、懐かしい時間に包まれているような場所でした。


間もなく築50年になろうとしていた家ですが
片付けをしながら改めて隅々まで観察してみると
機能的な間取りと収納の多さ、意匠的な工夫...
50年前に設計した人のセンスに感心させられる部分が数多くありました。


内装にも外装にも手を入れながら大事に使って来た様子があちこちから見て取れ、
また、物のしまい方ひとつにも祖母の几帳面な性格が表れており
物にも家にも愛着を持って丁寧に暮らして来たことが感じられました。


そして、家の中から沢山出て来て、ちょっと驚いたものが・・・

e0021328_00250129.jpg
炭です。


食器棚、シンク下、洋服タンス、押し入れや物入れの中など…
至る所に置かれていました。
炭の持つ除湿効果、消臭効果をねらっていたのでしょう。
大正生まれの祖母の、生活の知恵ですね。


炭の消臭効果は年々薄れてしまうそうですが
(水洗いや煮沸消毒をすることである程度は再生できるようです)
除湿効果は乾かせば半永久的に続くということなので
祖母が残した沢山の炭、これからも活用していきたいと思っています。




旅行が好きだった祖父母の飾り棚には
こけしや民芸品など旅の土産品がたくさんありました。
多くを処分し、幾つかは取りあえず実家に保管していますが
この可愛らしいペアのこけしにを手に取ったら
何かを語りかけられているような気がして手放せなくなり・・・
我が家に持ち帰って来ました。


e0021328_00250944.jpg


いつどこで買い求めたものなのか判りませんが
祖父母が自身の姿と重ねたのかしらと思ったり
或いは孫たちの姿と重ねたのかも...なんて想像してみたり。
いずれにしても、仲の良かった祖父母の優しい目線が感じられて
とても懐かしく、温かい気持ちになるのです。






思い出と向き合いつつ片付けに奔走した日々も過ぎて
家の中はすっかり空っぽになり
いよいよ解体が始まりました…………










[PR]
# by setsukocookie | 2016-07-27 11:55 | 日々の暮らし | Comments(4)

ご無沙汰してしまいました…

7月前半は実家の用事でほぼ1〜2日おきに実家に通う日が続き、
その合間を縫って家のことと庭の手入れ...
梅雨時ですから庭仕事に適したお天気ではないことも多く、
充分に手をかけてあげられない薔薇やほかの植物たちに
申し訳なく思いながら過ごしていました......



薬剤散布だけはいつもの年とそれほど間隔が変わらないように気をつけていましたが
今年は今までになく黒点病が酷く出てしまった品種があり...
やはり、じっくり観察しながら‘足跡’をたくさん残している年とは
株の健康状態に違いが出てしまうものだと痛感しています。




これは数日前、雨の中で咲いていた
ジュード ジ オブスキュア
e0021328_00393388.jpg
この薔薇はとても元気で
遅めの二番花の蕾がたくさん上がって来ています。


我が家のイングリッシュローズたちは概ね黒点病には強いようで
ほとんど発症しなかったり、罹っても軽症です。
問題はそのほかの薔薇さんたち…
今年の夏は特に慎重にケアしていかなくてはと思います……...






[PR]
# by setsukocookie | 2016-07-19 01:05 | ガーデニング&植物 | Comments(4)