日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

冬の誘引作業の前に

シュラブタイプに分類される、イングリッシュローズのスイート ジュリエット。
我が家ではつるバラとして育てています。
昨年はうどん粉病や黒点病をほとんど発生せず、とても健康的な生長を見せてくれました。
e0021328_17275622.jpg

1月に入り少しずつ黄色く紅葉してきましたが、
「まだ休眠する気はありませんよ〜」と言わんばかりに沢山の葉を茂らせていました。
そろそろ休眠してもらわないと冬の剪定と誘引の期限に間に合わなくなってしまうので・・・

e0021328_17281186.jpg

葉をすべてむしり取って、休眠体制へ入ってもらうことに。


e0021328_127076.jpg

さっぱりしました♪



このあと2つのつるバラ
フォールスタッフとモーティマーサックラーの葉を取りましたが、
風に吹かれて自ら葉を落とし残り少なくなっていたので
あっという間に作業は終りました。


葉を取ってから剪定・誘引の作業を
昨年までは同じ日に行っていたのですが、
『剪定の1週間前までに葉をむしっておいたほうが良い』という話に最近出会いました。
切り口から樹液が吹き出たり切り口が黒くなるような現象を防げるということ。
やはり、しっかりと休眠している状態で剪定をしたほうが株へのダメージが少なくて済むということなのですね。そして、休眠させる為には相当な時間が必要・・・ということで納得しました。
(専門家の間でも見解は違うようで、同日に行うという方もいらっしゃいましたが...)


e0021328_1273915.jpg


葉取りの作業をしたのが今週の火曜日なので
剪定と誘引の作業は来週の中頃に。
固定してある全ての紐をほどいてリセットするのはとても楽しみな作業です。
この枝たちを眺めながら、壁面を枝で埋めていく様子を思い描き、
そして花の季節へと・・・
期待が膨らみます.........(*^ー^*)
[PR]
Commented by larosebleue at 2015-01-23 08:59
おはようございます^^
冬のお手入れで忙しいですね。
葉が落葉してくれたら、作業が楽なんですけど、
(薔薇は本来落葉性ですから)
全ての薔薇が落葉してくれないようです。
手間がかかりますが、誘引頑張って下さいね~
紐をほどく時、枝の跳ね返りに十分注意して下さいね。
お怪我をしないように。。。
刺が大変ですが、誘引作業は楽しいことです。
春に向かって、夢を膨らませる作業ですね!
Commented by mme rose at 2015-01-23 17:29 x
setsukocookieさま

薔薇も綺麗に植栽されていらっしゃいますね! 素敵です。

English RoseのSweet Julietteは 私 昨年から植栽しておりますが まだ成熟していないのです。
そちらでは大きく育っておられますが、何年くらい経ったものですか? お時間のある時にでも教えてくださいね!

まだ1、2輪しかお顔を拝顔していないもので 早い充実を望んでいるものですから、、、 
Commented by setsukocookie at 2015-01-24 20:22
*la roseさん
いつもありがとうございます!(遅くなって申し訳ありません...>_<)
薔薇を育て始めて約10年になりますが、どれが一番良い方法なのか、まだまだ迷うことが多いです(答えはひとつではないのでしょうが…)。
自ら休眠してくれる素直(?)なバラもあれば、まだまだ頑張るぞみたいな薔薇もいて、
自分の目でタイミングを見極めることの大切さをしみじみ感じています。
枝の跳ね返りは本当にコワイですね(>_<) 油断して急襲に遭うとヒヤリとします。
棘もコワイコワイ…^^;
それでも春の開花を思うと、頑張らなくちゃ♪と思いますね♡
la roseさんの薔薇の育て方、いつもたくさん学ばせていただいています(^_^)♡
Commented by setsukocookie at 2015-01-24 20:47
*mme roseさん
いつもありがとうございます♪
mme roseさんが昨年スイート ジュリエットを迎えられたとのお話、ブログで拝見し嬉しく思っておりました(*^^*)
我が家の株は2007年の2月に迎えたものなので、間もなく8年になります。
鉢で育てていた数年間はあまり大きくならず、花数も少ないままでした。
この場所に地植えしたのが2010年の秋のこと…それからの4年間にグーンと育った感じです。やはり大地に根を張ると株に勢いが出ますね♪
mme roseさんのスイート ジュリエット...沢山の花が見られる日が待ち遠しいですね(^_^)♡
Commented by mme rose at 2015-01-25 20:36 x
setsukocookieさま
大株に育ち 素敵に誘引されていましたので 質問させていただきました。やはり長い年月で そのお家になじんでくるのでしょうね。
植栽されている前の部分は <ツゲ>でボーダーにしていらっしゃるのかしら? よく英国、フランスのガーデンでみかけます。 綺麗にカットされていらっしゃいます!
Commented by setsukocookie at 2015-01-26 01:10
*mme roseさん
スイート ジュリエットは我が家に初めて迎えたイングリッシュローズなので、特別な思い入れがあるのです(*^_^*) そんなこともあって、玄関横のとっておきのスペースにこの薔薇を植えました。
手前に植栽しているツゲ…そうなんです(^_^)♪私も英国の庭園で花壇の縁取りに使っているのを見てからずっと憧れていて…自分の庭にも取り入れたいと思っていました。2010年に5本のキンメツゲの苗を植え、初めは隙間だらけでしたが、年を追うごとに葉が密になり…剪定で曲線を出せるようになりました。楽しい作業です(^_^)
Commented at 2015-01-26 07:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by setsukocookie at 2015-01-26 19:07
*鍵コメさま
ありがとうございます〜^^♪
そちらに伺いますね♬
Commented at 2015-01-26 20:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by setsukocookie at 2015-01-27 01:37
*鍵コメ(20:37)さま
3年後を見据えた計画、素晴らしいですね!
どのように出来上がって行くのか、私も楽しみです♡
また素敵なお話を沢山お聞かせください…(*^_^*)
Commented by hanacoro8756 at 2015-01-30 21:24
すごーい!
ビニールいっぱいに葉っぱが(*^^*)
スッキリですね!
節さんが、セクセクと庭で働いてる姿が目に浮かびました♡
Commented by setsukocookie at 2015-01-31 17:10
*hanacoroさん
わ〜♪コメントありがとう〜(*´▽`*)ノ゛
北風が強い日などは挫けそうになりますが、花の季節を思い描きながら
庭仕事頑張ってますよ〜p(^–^)q
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by setsukocookie | 2015-01-23 01:37 | ガーデニング&植物 | Comments(12)