日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

咲き終わっても美しいクリスマスローズ

e0021328_19461951.jpg


4月の末頃まで可愛い花を楽しませてくれたクリスマスローズも
花の色が変化してシーズンの終わりを告げる頃になりました。


種を採取する場合はそのまま熟して行くのを待つ訳ですが
その予定はありませんので...来年のためにすべての花を切りました。


ご存知の方も多いと思いますが
クリスマスローズの‘花’と呼ばれている部分は、じつは萼(ガク)で
花弁は退化して小さな筒状の蜜腺という形になって雄しべの外側に並んでいます。
花が咲き進んで雄しべが落ちると
花弁(蜜腺)を保護する為に萼が緑色に変化していくのだそうです。


この緑色になった萼のナチュラルな雰囲気が大好きで
いつもこうして花瓶に挿して楽しんでいます。
萼なので散ることもなく長く楽しめるのも嬉しいところ...♡






e0021328_00441178.jpg
(3月中旬の様子)



もちろん鮮やかな色で咲いているうちに切って楽しむという選択肢もありますが
こういう姿はやはり太陽の下で、と思うので.....
室内で楽しむのは咲き終わってからにしています(*^ー^*)







[PR]
Commented by emi at 2017-05-11 01:35 x
クリスマスローズの目立つ部分って、ガクだったんですね。
アジサイと一緒なんですね!
無知ですみません…
植物の世界は奥が深いです。。。
Commented by setsukocookie at 2017-05-11 23:51
*emiさん
コメントありがとうございます。
アジサイもそうでしたね♪無知だなんてとんでもないです!
私も育てながら初めて知ることが沢山あります(^^)♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by setsukocookie | 2017-05-09 01:28 | ガーデニング&植物 | Comments(2)