日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

クスダマクサギ

e0021328_2254495.jpg以前、紫陽花の一種ではないかしら....と書いたこの花の名前が判りました。
“クスダマクサギ”というそうです。
(ookiba-chanさんがコメントで情報をくださいました。本当にありがとうございました!)

中国南部,インド北部が原産で、
ボタンクサギ(牡丹臭木)、ヒマラヤクサギ、ベニバナクサギなどという別名もありました。
臭木という字の通り、葉には異臭があるそうで...。とは言っても、葉を揉むとにおう程度で、近くにあるだけで臭いというわけではないようです。
こんなに可愛らしい花なのに、ちょっと気の毒な名前ですね。

うちの近くでは紫陽花と同じ頃に咲いていたのと、くす玉のように花が付くので紫陽花に近いのではないかしら.....と思っていたのですが、クマツヅラ科という科に属し、紫陽花(ユキノシタ科から最近アジサイ科と呼ばれるようになった)とは全く違いました。
そして、クマツヅラ科にはどんなものがあるのかしらと調べてみたところ、
ランタナやバーベナなどが、それにあたりました。

植物の世界って、知れば知るほど、もっと知りたくなってきて.......
本当に興味が尽きないのです。。。
[PR]
Commented at 2005-09-01 05:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ookiba-chan at 2005-09-01 10:49
こんにちは!詳しく調べられたんですね。すごいなぁ~
私も後で葉っぱに匂いがあると知り撮った時になんとも無かったなぁ・・と。
揉むと匂うんですね。納得しました。
この前も思ったんですけど、クスダマクサギ  アップで綺麗な写真ですね。
キラキラ光ってるみたいです。
また遊びに寄らせていただきますね。
Commented by setsukocookie at 2005-09-01 23:07
【ookiba-chanさんへ】
コメントありがとうございます。
花の名前がわかって、ますますこの花が好きになりました。
写真も褒めていただいて、ありがとうございます。
またぜひ、遊びに来てくださいね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by setsukocookie | 2005-08-29 23:52 | ガーデニング&植物 | Comments(3)