日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

リージェンツパークの薔薇

美しい庭園を求めて英国の南西部を周った昨年の旅から、ちょうど一年....
今年もまた溢れるほどのバラが咲いて、感動的な風景を作り出しているのだろうなぁ....と
初夏の英国に思いを馳せています。


旅のご報告が中途半端になっていたことがとても気がかりでした...(猛反省。)
どうしてもお伝えしたかった、もう一つの庭園をご紹介します。
ロンドンのリージェンツ・パークにあるクィーン・メアリーズ・ガーデンズです。
e0021328_12324941.jpg

写真は一年前のものですが、今もきっとこんなだろうと想像しながらご覧いただけたら嬉しいです。 

e0021328_15412868.jpg

広大な敷地と美しく整備された園内...
Royal Park(王立公園)の風格を感じます。


この旅では6日間地方を周り、のどかな田園風景の中で咲くバラにすっかり魅了されていました。その後に訪れたロンドンで、あんなに美しいバラには巡り会えないだろうなぁ...と、バラに関してはそれほど大きな期待はしていませんでした。

ところが、いざ足を踏み入れてみると...
e0021328_15483976.jpg
あまりにも見事なバラに圧倒されてしまいました。
その数なんと、400種類以上、3万株に及ぶそうです!!

e0021328_1104919.jpg

今まで秋や冬に何度か訪ねた公園でしたが、こんなに素晴らしいバラ園だったなんて...シーズンオフには想像もしませんでした。花の美しさ、手入れの細やかさ、庭園の造形の美しさ...何をとっても超一流の、本当に素晴らしい庭園でした。

e0021328_1554454.jpg

しかも、この青空!夜の7時過ぎです...。夏至の頃の日没時刻はロンドンで21時20分頃、スコットランドなど北部では22時頃です。英国の夏は日が長くて、美しい風景をたっぷり見られるのが嬉しいです。

e0021328_16101659.jpg
e0021328_169018.jpg

バラ以外にもたくさんの花たちが美しく咲いていました....


田舎の庭園や小さな民家に咲くバラと、ロンドンの伝統ある公園に咲くバラ...
同じ花でも環境の違いで表情が違って見えたりします。
どちらが美しいということでもなく、どこで咲いてもその場所に馴染んで景観を感動的に変えてしまうバラの力は本当に素晴らしいと思います。
英国の庭園を見ていると、花のことをもっともっと知りたくなります。
庭園の様式も様々で、どのように変遷してきたのか...など、庭園史にも興味が湧いてきます。
そして英国にガーデニング文化が深く根付いている理由は...?等々
知れば知るほどもっと知りたくなる...
英国にはそんな魅力が溢れているのです....


 夫がまとめた旅のページに、もっとたくさんの写真があります。
 '07年初夏の英国旅行/イングランド南西部 → サービス終了のため削除されてしまいました

 昨年のブログ記事もよろしければご覧ください...
[PR]
Commented by evecooky at 2008-06-24 04:33 x
setsukoさん
このうっとうしい梅雨にときこその思い出ですね。親しくしている友人の娘さん夫婦が4年間イギリスに赴任されて、イギリスでも生活をブログにされていました。彼女からの記事でよく公園のことがかかれていましたが、なんともなににおいても、スケールとゆうものと、「美」の基本が日本人とは違いますね。
Commented by ゆず at 2008-06-24 11:36 x
羨ましい~!!! なんて素敵な旅行なんでしょうかぁ~!!イングリッシュガーデンは理想的なお庭ですよね~ お写真見るだけで癒されました 今度のおやすみには草むしりします(笑)
Commented by setsukocookie at 2008-06-26 01:34
*evecookyさま
抜けるような青空とひんやりとした空気...梅雨時は特に英国の気候が羨ましく感じます。
スケールや美に対する意識の違い...ほんとうにそうですね。
英国を旅して、たくさんの刺激を受けて、「さぁ、私も頑張らなくちゃ〜」と
日々の原動力になっています....(*^^*)
Commented by setsukocookie at 2008-06-26 01:34
*ゆずさん
イングリッシュガーデン...ほんとうに憧れですよね〜♪(≧▽≦)
我が家でも、雑草さんとの戦いは延々と続いています...
クッキーが公園から種を運んできているという噂も...(>m<)
Commented by rosemarye at 2008-06-26 21:19
こんばんは^^
クィーン・メアリーズ・ガーデンズ、本当に素敵な庭園ですね。
いかにも英国風のガーデンと思うことです。
配置が無駄のない美しさで、圧倒される感じです。
バラたちも見事に優雅な姿でたくさん咲いていますね。
さすがに伝統と品のある庭園と思うことです。
夕方の7時とは思えない青空ですね。
夜もゆっくり長く楽しめますね^^
Commented by setsukocookie at 2008-06-28 15:23
*rosemaryeさん
コメントありがとうございます♪
英国の庭園は本当に魅力的で飽きることがありません...(*^ー^*)
一番気候の良い時期だったこともあって、バラも満開でしたし
バラ以外の花も本当に生き生きと咲いていました。
夜10時近くに見る夕焼けは、なんとも心が落ち着く眺めです...
その代わり、冬至は日没が午後3時半ぐらい。長い長い夜なのです....
Commented by evecooky at 2008-07-02 03:13 x
setsukoさん
いよいよ7月に入りました。カレンダー待っていますよ。
Commented by setsukocookie at 2008-07-02 22:45
*evecookyさま
すみませ〜〜ん、急ぎますねっ(>人<)
いつもありがとうございます...
Commented by merengeai at 2008-07-03 18:19
素晴らしい写真にうっとりしながら引き込まれてしまいました。
梅雨どきのこの季節にこういうステキな写真を見れると気持ちがすっきりしますね。
きっと今年もこんなすばらしい場所を訪れて楽しんでいられる方がいらっしゃると思うと、あー、うらやましいいです~。
setsukoさんもいい思い出ができてよかったですね^^*
Commented by setsukocookie at 2008-07-03 23:45
*izumiさんへ
ありがとうございます(*^^*)
写真では気温まで伝わらなくて残念なのですが、この時期のイギリスは最低気温が12〜13℃、最高気温は20℃ぐらいなんです...。ですから、こんなに明るくて『気分は夏!』でも半袖では涼しすぎるのです。ジメジメした日本の梅雨に比べると、ほんとうに羨ましい気候です...(*´ー`*)
東京でも6月は結構涼しかったですが...そろそろ蒸し暑くなりそうですね(> <)
Commented by マッキー at 2008-07-24 09:28 x
前略…イギリスで時期的も青空が見られるなんて最高ですね。また素敵な旅を願っています。…早々
Commented by setsukocookie at 2008-07-25 01:43
*マッキーさん
イギリスの青空は本当に『抜けるよう』で、空気が澄んでいるのを感じます。
どんよりとした厚い雲もまた、イギリスらしくて好きなんですが...(*^^*)
Commented by mme rose at 2014-12-19 10:48 x
setsukoさま

メアリーローズガーデン、とても懐かしく拝見いたしました。
青空、薔薇、数々の宿根草とのコラボ、どれもみせていただいてもその英国のガーデニングの質の高さを堪能いたします。
英国は地方も そして都市部のパークも充実していますね。
地方をドライブで周り、自然美に抱かれるのは至福の時です。
私も久しぶりに 2010年の旅に想いを馳せております。
Commented by setsukocookie at 2014-12-20 01:43
*mme roseさま
こちらにもありがとうございます!
メアリーローズガーデンは本当に素晴らしい庭園ですね。
mme roseさんのブログでこの庭園について書かれているのを拝見した時は、とても嬉しくなりました♪
英国の花の季節は本当に美しいですね。梅雨や猛暑が無い分、花の季節が長くて…ちょっと羨ましく思います。
英国の地方をドライブ・・・まさに至福の時ですね♡
私も『英国に行きたい病』が疼いて来ました…(*^^*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by setsukocookie | 2008-06-23 23:25 | 英国 | Comments(14)