日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

カテゴリ:料理( 39 )

柚子のマーマレード

少し前のことになりますが
柚子でマーマレードを作りました。

e0021328_00264803.jpg

明るいレモン色が魅力的な、小ぶりで可愛い柚子♡


一昨年の暮れは何軒もお店を回って、やっと購入できたという一件がありましたが
昨年末はクッキーのお友達のお庭で穫れたものを沢山いただくことができて...
お正月の料理にも存分に使えて
更に、大好きな柚子でのマーマレード作りという
嬉しい体験が出来ました。


夏みかんでは何度も作っているマーマレードですが
柚子で作るのは初めてのことで...かなりワクワク♬

e0021328_17233362.jpg

白いワタの部分が少なめで、とてもジューシーな品種です。



種を取って、果汁を搾って、袋と果肉を取り出して
皮を刻んで。

e0021328_00340661.jpg

皮は苦味をとる為に3回茹でこぼし、
袋はフードプロセッサーにかけて、
種を少しお茶パックに入れて(← ペクチンを出すため)
皮と果汁と袋の重さの85%の砂糖を加えて煮込みました。


砂糖の割合ですが
苺などのフルーツで作るジャムの糖度は50%〜80%、
マーマレードの場合は60%〜70%というのが一般的のようですが
柚子のジャムでレシピを検索すると
柚子の重さと同量(=100% !!)というものが多く、少ないものでも90%…
砂糖をたくさん使うのはちょっと抵抗がありましたが
糖度が高いほうが長く保存出来るというメリットもあるので
今回は85%で作ってみました。


e0021328_11082448.jpg
結果、
甘過ぎると感じることもなく
ほんのりと苦味の残る風味豊かなマーマレードが出来上がりました。

e0021328_00270288.jpg
たくさん出来て、とっても幸せ♡


幾つかは人に差し上げましたが
たっぷり、ゆっくりと楽しめそうです。


高糖度のジャムは常温で1年は問題なく保存出来るそうです......(*^ー^*)







[PR]
by setsukocookie | 2017-01-29 01:45 | 料理 | Comments(6)

柚子の香りに包まれて

e0021328_20004158.jpg
鮮やかな黄色と爽やかな香り・・・
私は柚子が大好きです。

冬になって旬を迎えると
色々なものに使いたくなって心が躍りますが
特にお正月は柚子が無いと始まらない!...と思うくらい
我が家では絶対に欠かせない存在なのです。






伊達巻き用には
皮を摺りおろして、果汁も搾って
e0021328_23255882.jpg


e0021328_23254946.jpg

ほんのり柚子の香る伊達巻きに...。

この柚子入り伊達巻きのレシピに出会ってからは
伊達巻きはこれ一筋♪
今年は3本作りました。




柚子大根には
e0021328_23315047.jpg
e0021328_23321173.jpg

細かく刻んで。
果汁も全て使います。

調理している時の爽やかな香りだけでも幸せな気持ちになるのですが
出来上がった柚子大根は、ほんとうに幸せな味わい...♡
今年は2kg分の大根を漬けました。




そして
もうひとつ、我が家のお正月に欠かせないものは
りんごきんとん
(これには柚子は使いません)






これらのお気に入りが揃えば
我が家の定番のお正月の食卓に・・・
e0021328_23322789.jpg
シンプルですが
柚子の香りに包まれて
爽やかな気持ちでお正月の朝を迎えました。







More/年末の柚子事情…(^ー^;)
[PR]
by setsukocookie | 2016-01-05 23:55 | 料理 | Comments(14)

ルバーブのジャム

ルバーブが手に入ったので、今年もジャムを作りました...♪
e0021328_165096.jpg


砂糖と白ワインをまぶして一晩おき、
弱火でコトコト煮るだけ。

400gのルバーブから
小さな瓶に3本分できました。


爽やかな酸味を持つ野菜のようなフルーツ、ルバーブ。
大好きなジャムです............(*^ー^*)



レシピは昨年の記事に♬ → 
[PR]
by setsukocookie | 2015-07-27 01:07 | 料理 | Comments(4)

我が家の定番

ちょっと遅過ぎる話題ですが・・・
今年のお正月料理です。

これだけは毎年作ろう!と決めている三品、
伊達巻き(柚子入り)
りんごきんとん
柚子大根  です。
e0021328_23492417.jpg

e0021328_0352592.jpg

e0021328_0304286.jpg

伊達巻きには
柚子の擂りおろした皮と絞り汁を使っています。
作るのは今年で3度目。
はんぺんを使って簡単に美味しくできるということを知ってから、作るのが楽しくて…
今年は3本作りました。


そして10数年作り続けている、りんごきんとん。
芋餡を作るのに以前はきちんと裏ごしをしていましたが、
最近はフードプロセッサーを使うという手抜きを覚え…ずいぶん楽になりました。

砂糖の量はレシピの3割減で作っています。
砂糖は多いほうが照りが出て綺麗に仕上がりますが、レシピ通り(芋の重量の40%)の砂糖を目の当たりにすると、ちょっと恐ろしくなるわけで…。でも減らし過ぎても美味しくなくなってしまうのですよね。なので、何度か作っているうちに、程よい甘さの芋餡(糖度28%)に落ち着いたのでした。この芋餡にりんご(レモンと砂糖を和えて加熱したもの)を加えて、加熱しながら練り合わせます。
自分で作ったきんとんを食べるようになってからは、市販の栗きんとんが甘過ぎて苦手になってしまいました...。


そして、大好きな柚子大根。
これはお正月でなくても、いつでも作れるものではありますが、
私の中では柚子というとお正月の味覚なので...。
毎年1.5kg〜2kg、たっぷり漬けます。



あとは
お雑煮を作って。
お餅はホームベーカリーで搗いた自家製のし餅を入れています。
e0021328_02777.jpg

簡素ですが、私たち夫婦にはこれで充分な量。
自然の恵みに感謝し、新しい年の健康を願いながらいただきました………(*^ー^*)
[PR]
by setsukocookie | 2015-01-10 01:28 | 料理 | Comments(4)

ルバーブのシロップ漬け

あの風味豊かなジャムを食べてから
毎日ルバーブのことを考えている・・・わけではありませんが
再びルバーブが手に入り、嬉しい日々が続いています♡

ジャムも本当に美味しいので何度でも作りたいところですが、
いろいろな調理法を試してみたい…と検索したところ
“歯ごたえのある”シロップ漬けの作り方を見つけました。
e0021328_2045479.jpg

【今回の分量】
ルバーブ 400g
砂糖   160g
(材料はこれだけ。水もワインも使いません。)

4cmぐらいの長さに切ってアク抜きをしたあと


e0021328_20455876.jpg

砂糖をまぶして数時間おき

e0021328_204676.jpg

砂糖の浸透圧で水分が出て来たらルバーブを取り出し

e0021328_20461962.jpg

その水分(シロップ)だけを沸騰させたら火を止め、ルバーブを戻し入れて
冷めるまでそのままおきます。


冷めたらルバーブを取り出して、再びシロップを沸騰させて、
ルバーブを戻し入れて、冷めるまでおく・・・
(始めのうちは少ないシロップが、繰り返すうちに増えてひたひたになります)
この作業を4回繰り返して・・・

できあがりました♡

e0021328_20463381.jpg

火にかけて煮込まないのでシャキシャキとした歯ごたえが残り、
とろとろのジャムとは全く違う、生のような食感が楽しめます。
(生でそのまま食べると酸っぱ過ぎて美味しいとは言えないのですが…)
これはフルーツとしてのルバーブの存在感たっぷりの
美味しい食べ方だと思います。

このまま食べてももちろんグーですが
このシロップ漬けを使ってデザートを作ってみることにしました。


つづく......(*^ー^*)
[PR]
by setsukocookie | 2014-10-06 17:01 | 料理 | Comments(2)

ルバーブのジャム

我が家はルバーブが大好き♡
お店で売られているのになかなか出会えないのが残念なのですが
見つけたときは迷わず買います。
e0021328_20194529.jpg


これは8月にジャムを煮た時のもの・・・
とても美味しい配合でしたので
次回作る時の為に載せておきたいと思います。


【今回の分量】
ルバーブ 400g
砂糖   200g
白ワイン 140ml
レモン汁 大さじ1

e0021328_20251574.jpg
2cmほどにカットして、一晩水に漬けてアク抜き。


水気を切って鍋に入れ、砂糖と白ワインを入れて一晩おいて...
e0021328_2025248.jpg
砂糖が溶けてルバーブからしみ出した水分と白ワインが混ざり合った状態♪


これを火にかけ、煮立ったら弱火でコトコト...
e0021328_20253245.jpg
今回は50分ぐらい煮ました。

最後にレモン汁を加えて、煮沸消毒した瓶へ。


e0021328_20201993.jpg
小さな瓶に3本分、できあがりました。


色鮮やかな果実に比べると、見た目は地味なのですが
爽やかな酸味と白ワインの風味が絶妙...
ルバーブの魅力に再び目覚めてしまうほどの、感動的な味です♬
[PR]
by setsukocookie | 2014-10-06 01:38 | 料理 | Comments(4)

簡単&美味しい♪サラダスープ

野菜たっぷりの美味しいスープのレシピを見つけました。
e0021328_08958.jpg

ガスパチョが大好きで、夏には必ず作るのですが
熱いコンソメスープを冷めるまで待って、具材の野菜を入れてから室温で2時間、
更に冷蔵庫で一晩・・・と、結構時間が掛かるのが玉にキズ。
ですが、このレシピは時短レシピ!
食べたくなったらすぐに出来ます。


1. 固形スープに少量の水を加えてレンジでチン
2. 冷えた野菜ジュースと合わせる
3. 切った野菜を加える

たったこれだけの手順です。

分量は
固形スープ2個、水大さじ2
無塩の野菜ジュース(トマトジュースでも可)600ml
パプリカ1/2個、玉ねぎ1/4個、きゅうり1〜2本

固形スープと水を耐熱容器に入れてレンジで1分加熱→スプーンで潰して溶かす
玉ねぎはみじん切り、パプリカときゅうりは7mm角

塩も胡椒も加えなくても、ちょうど良い味に整ったスープが
あっという間に完成です。


e0021328_0121840.jpg

冷蔵庫にストックしておけば
朝食にもササッとたっぷりの野菜が摂れます♪
3〜4日は美味しくいただけます。
それ以上置くと、きゅうりの苦味が出て味が落ちるようです(←夫の感想)。

涼しくなってくるとスープは温かいほうが好ましくなりますが
サラダだと思えば、まだまだ季節的にもOKだと思います♪
我が家はこの夏から既に3回作っています…(^_^)v

是非お試しください☆
[PR]
by setsukocookie | 2014-09-08 01:36 | 料理 | Comments(8)

やっぱり夏はこれ!

e0021328_23335371.jpg
ゴーヤの塩麹漬け


ゴーヤは苦味も美味しさのうち...と思いますが、
あの苦味が苦手、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
塩麹で漬けるだけで、塩麹のまろやかな塩分と程よい甘みが
ゴーヤの苦味を穏やかにしてくれます。
これは本当に美味しいゴーヤの食べ方だと思います。


   *   *   *


我が家で4年間続けてきた緑のカーテンを
今年はやらないことにしたので
そろそろゴーヤが恋しい・・・と思っていた矢先、
近くに住むお友だちが穫れたてのゴーヤを届けてくださいました。
とっても嬉しい、季節の贈り物でした.........(*^ー^*)


☆大好きなゴーヤに喜ぶクッキーの様子は、夫のブログにて

☆塩麹漬けの簡単な作り方は、過去の記事で
[PR]
by setsukocookie | 2014-07-17 23:33 | 料理 | Comments(0)

我が家のお正月料理

松の内も終ってしまったのに
お正月料理の話題ですが・・・
今年の三が日の食卓はこんなだったという記録のために
載せておきたいと思います。
e0021328_133155.jpg
お重に詰めるくらいの食材を揃えていた頃もありましたが
夫と二人の食卓、
最近はこのくらいで充分かな…と感じます。

賑やかなおせち料理は
2日に実家でいただきました…(^ー^)



e0021328_021337.jpg
昨年初めて作ってみて「簡単!」「美味しい!!」と感動した伊達巻き。
今年も柚子入りの同じレシピで作りました。


e0021328_0215048.jpg
『りんごきんとん』は
10年以上作り続けています。
芋餡とりんごにレモンも少々…の、すっきりした味わいです。


e0021328_0214193.jpg
『柚子大根』
大根が美味しい今の季節、たっぷり2キロ分漬けました。
柚子の皮を刻むのが少しだけ手間ですが
絞り汁まで無駄なく使えるところが気に入っています。



これだけ?
・・・ということではありませんが
欠かす事ができない我が家の定番、といったところです……(*^ー^*)





[PR]
by setsukocookie | 2014-01-08 00:21 | 料理 | Comments(6)

珍しい果物と野菜

このフルーツをご存知でしょうか...
e0021328_1144365.jpg
形にバラツキがありますが、皆同じ種類のものです。

サクランボのような形をしているものがありますが
大きさもちょうどそのくらい…

青森に行かれた方がお土産にくださったもので
「なんのフルーツか当ててみてください♪」と言われて
その場でひとつ食べてみたのですが・・・

なんとなく覚えのある味なのに、
見た目で混乱して・・・答えが見つからず。



その答えは・・・

これが親玉でした!
e0021328_1225143.jpg
と言っても
この小さな実が大きく育ってキウイになるわけではなく、
『サルナシ』というの木の果実で
ベビーキウイと呼ばれているもの...
キウイフルーツとは親戚の関係にある果実なのだそうです。

そう言われて食べると、確かに味はキウイフルーツそっくり。
甘みが強く…キウイを濃縮したような濃厚な味わいです

ちなみに、今回検索していて知ったことなのですが
キウイは皮ごと食べるのが良いとか。
果肉よりも皮のすぐ内側の部分が甘みが強く、
皮には果肉の3倍ものポリフェノールが含まれているのだそうです。

我が家はキウイを毎朝ヨーグルトに入れて食べているのですが
皮を食べるなんて考えたこともありませんでした。
今朝、試しに皮ごとスライスして食べてみたのですが
薄くスライスすれば違和感はほとんどなく食べられます。

ベビーキウイなら皮も薄いので
丸ごとペロッと食べられるのが嬉しいところですが、
流通する時期が短いので入手が難しいようです......
どこかで見かけたら必ず買いたいと思っています。




そして
もうひとつの珍しい食材・・・
e0021328_1232619.jpg
太いネギのようなこの野菜は
『マコモダケ』

マコモという植物の茎の部分で
マコモダケの『タケ』はキノコではなく、タケノコから来ているそうです。


食感は確かにタケノコのようであり、
ブロッコリーの茎のようでもあり...
e0021328_122351.jpg
スライスして炒めたり
小さなイチョウ切りにして炊き込みご飯にしてみたところ
シャキシャキとした食感がとても美味しく感じられました。

このマコモダケ、収穫出来るのは9月から2ヶ月ほどで
しかも美味しく食べられる時期はたったの2週間ぐらいなのだそう…
貴重な旬のものをいただくことが出来て幸運でした。

この歳にして(!)初めて出会った野菜と果物。
とても新鮮な感動と共にいただきました.........(*^ー^*)




* * * * * * *
ちなみに
マコモ(真菰)の実=菰米=ワイルドライス だそうです。
ワイルドライスなら食べたことがありましたが、その茎・・・不思議です〜(*^^*)
[PR]
by setsukocookie | 2013-10-28 19:10 | 料理 | Comments(2)