日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

英国の庭園_その3

ちょっと間が空いてしまいましたが、旅の話を続けます...♪

今回ご紹介するフォード・アビー(Forde Abbey)の庭園は、これまでにご紹介したモティスフォント・アビーやバーリントン・コートとはまったく趣の異なる庭園です。
風景式庭園と呼ばれるもので、広大な敷地の中に川を塞き止めて池や滝を作ったりモニュメントを建てたりして、庭全体を風景画のように構成する様式です。
e0021328_14562270.jpg
e0021328_2244479.jpg
まるで絵画のよう...ではありませんか?

この噴水自体は新しく作られたもので、吹き上げる水の高さはイングランドで一番なのだそうです。


そして、400年もの歴史を刻むチャペルの壁に絡まる赤いバラ。
e0021328_2345168.jpg
この“味”は、やはり英国ならではという気がします....

庭園の一角には、こんなに色鮮やかな花たちが....
プリムラの膨大なコレクションもこの庭園の見所です。オレンジ色のプリムラは初めて見ました。
e0021328_0102220.jpg


お天気に恵まれた今回の旅の中で、唯一この日だけが傘のお世話になる日となってしまいました。そのため、写真があまり撮れなかったのが残念です....
[PR]
by setsukocookie | 2007-07-26 01:00 | 英国 | Comments(6)

7月のカレンダー

旅行の話はちょっとお休み...
7月も中旬となってしまいましたが、今月のカレンダーです。
e0021328_141154.jpg


右下の写真、なんだか違う毛色のケアンに見えますが...クッキーです。
顔と手足が黒い羊のようにも見えますね...(^^;)

右上の花は庭のオダマキ。東京では5月の初め頃咲きましたが、初夏のイギリスでたくさん見かけました。
[PR]
by setsukocookie | 2007-07-12 01:15 | 日々の暮らし | Comments(10)

英国の庭園_その2

続いては、バーリントン・コート(Barrington Court)です。

e0021328_23352679.jpg16世紀に建てられた邸宅で、こちらも現在はナショナル・トラストによって管理されています。庭園が現在の形に整備されたのは1920年代で、女性園芸家のガートルード・ジーキル女史がデザインを担当しました。ジーキル女史は色彩理論を応用したり、花や木がごく自然に生えている「コテージ・ガーデン」と呼ばれる様式を提唱したりと、英国の庭園文化に絶大な影響を与えたと言われています。

バーリントン・コートの庭園は幾つかのウォールド・ガーデン(Walled Garden: 四方をレンガなどの壁で囲まれた庭)から成り、色とりどりの花が『自然に生えているように』咲いています。
e0021328_04391.jpg
e0021328_042070.jpg

e0021328_22263051.jpg
↑こちらは白い花ばかりを集めた、ホワイト・ガーデン。
e0021328_23282322.jpg
ローズ・ガーデンはもちろん薔薇で溢れています....
この写真の手前両側に咲いているのは“ペネロペ”。

e0021328_08388.jpg
淡いピンクとアプリコットを帯びた、とても素敵な薔薇でした。




[PR]
by setsukocookie | 2007-07-10 00:10 | 英国 | Comments(2)

英国の庭園_その1

大変遅くなりましたが、旅のお話をさせていただきます...

     *     *     *

英国には数多くの有名な庭園があります。その数なんと、4500を越えるそうです。その中から行き先を決めるのは...大問題です。(もし英国に住んでいたら、片っ端から行きたいところですが...)
駆け足で廻るのではなく、じっくりと腰を据えて...というのが私たちの旅のスタイルなので、一回の旅行で廻るところはそう多くはありません。
e0021328_231625100.jpg
このような本とロードマップに首っ引きで、何日も悩みました。e0021328_2316541.jpg

そして、今回はとにかく『英国のバラが見たい!』というのが旅の一番の目的でしたので、バラの美しさで知られる庭園を中心に旅のコースを決めました。

ひとつ目は、モティスフォント・アビー(Mottisfont Abbey)。
南イングランド、サウサンプトンの北に位置し、1201年に修道院が作られた場所で、16世紀に大邸宅に建て替えられ現在はナショナル・トラストが管理しています。1930年代に著名な造園家によって整えられた庭園の一部に、オールドローズの研究家グラハム・スチュアート・トーマス氏が1970年代にローズガーデンを完成させました。350種ものバラが植えられていて、色とりどりの花が咲き誇る様子は思わず歓声を上げたくなるほどの美しさで、オールドローズの聖地とも言うべき場所でした....
e0021328_23361676.jpg
e0021328_064139.jpg

有名なバラの作出家デビッド・オースチン氏はグラハム・トーマス氏から多大な影響を受けており、のちに創り出したのが、かの有名なイングリッシュ・ローズのグラハム・トーマスです。
園内でもあちこちで、グラハム・トーマスが見事な花を咲かせていました。
e0021328_0182049.jpg


(次回へ続きます....)
[PR]
by setsukocookie | 2007-07-02 09:00 | 英国 | Comments(8)