日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

秋の日比谷公園へ

e0021328_0162127.jpg

色付き始めた樹々が美しい日比谷公園へ
ガーデニングショーを見に行って来ました。

e0021328_0163251.jpg
(このイベントは26日で終了してしまいました。タイムリーな話題でなくて申し訳ありません...)


日比谷公園ガーデニングショーは2003年に日比谷公園開園100周年の記念に開催されて以降、毎年開催されている、ガーデニングと都市緑化などをテーマにしたイベントです。


夫のブログでも記事にしている通り、
コンテストの部門ごとに作品が展示され…
趣向を凝らした素晴らしい作品が美しさを競い合っていました。
e0021328_01643100.jpg
こんなコンテナを庭に飾ってみたいものですね...♡


ハンギング部門も見事です...
e0021328_0202020.jpg
このようなハイレベルな作品が
100作品も並ぶ姿は圧巻でした。


でも実は、
ガーデニングショーの作品を見ながらも
芝生の広場を取り囲むように植栽されているバラの花壇が
気になって気になって・・・
気分はすっかり秋のバラ園見学モードに…(*^^*)
e0021328_0203419.jpg
この会場に足を踏み入れて最初に視界に入ったのが
デルバールの花壇だったのです♡

e0021328_0204353.jpg
こちらの花壇も全てデルバール♡

e0021328_12291952.jpg
画家のバラシリーズもありましたよ♬


これは
e0021328_0304463.jpg
持っていらっしゃるお友だちと
これから迎えようとしているお友だちが
話題にしていたあの薔薇...♡見つけて嬉しくなりました^^

e0021328_123151100.jpg
もう終りかけでしたが、美しい色で咲いていましたよ♡



大きな芝生の広場の4つの角に作られたバラの花壇のうち
2箇所がデルバール、1箇所がハークネス、
もうひとつは日本のバラのコーナーで
ロサ・オリエンティスと河本バラ園のバラが植えられていました。
(デヴィッド・オースチンのコーナーがないのが残念!)
e0021328_0465648.jpg
オデュッセイアとコラーユ・ジュレもありましたよ〜♡


上記の花壇の他に、長さ20メートルもの細長い4つの花壇もあり
それぞれの花壇が同じバラで埋め尽くされ...見事な景観を創り出していました。
e0021328_0481894.jpg
この赤いバラはメイアン作出の‘メイナルゴニス’


e0021328_047242.jpg
こちらもメイアン作出で
‘ゴールド・バニー’


e0021328_0471642.jpg
これは名前をチェックするのを忘れてしまったのですが...
華やかなピンクの素敵なバラでした...♪


秋のバラがこれだけ楽しめるということは
春はどんなに素晴らしいことでしょう......
来年の春に訪ねたいバラ園がまた増えてしまいました♡



沢山のバラに見入っているうちに
すっかり日も傾いて
光を受けて輝く噴水の水しぶきが心に滲みていくようで...
e0021328_0575991.jpg


美しい植物や美しい光景との出会いに
心が満たされるのを感じた
秋の一日でした.........(*^ー^*)
[PR]
by setsukocookie | 2014-10-29 01:44 | ガーデニング&植物 | Comments(6)

苗が届きました

先週末、予定通りに注文していたバラの苗が届きました。

とても小さな段ボールで…!
e0021328_1195237.jpg

注文した時の画面に4.5号角鉢と書かれていたので
小さい苗だということは承知していました。
でも、秋バラ真っ盛りのこの時期ですし
ひょっとしたら細い枝先に小さな蕾がひとつくらいはついているかも…
という淡い期待も持っていたわけです。


ですが
箱を開けてみると・・・
e0021328_19174491.jpg
・・・こうでした。


12月以降にこの状態で届いたのなら何の違和感もなかったのですが
10月の中旬に、この状態……
こんなに強剪定してしまって大丈夫なのかしらと心配になりました。
専門家の仕事ですから間違いはないはずですが…。
若い大苗(2年苗)なので体力温存のために早めに剪定したのだろうと
解釈して、生長を見守るしかありません。

e0021328_19175860.jpg
「狭くて息が詰まりそうだったわね〜」「ほんとねぇ..」
そんな会話が聴こえてきそうです^^



あまりにもサッパリした姿に暫し呆然としてしまいましたが
それでも
届いた日(18日)から5日、小さな芽は着実に大きくなっています…(ホッ…)
e0021328_192866.jpg
ビブ ラ マリエ
10月18日

e0021328_19292579.jpg
10月23日


一方、ラレーヌ ヴィクトリアは・・・
e0021328_19281445.jpg
10月18日

e0021328_1929353.jpg
10月23日
芽が小さ過ぎてよく解りませんね...(^^;)

e0021328_19345294.jpg
ほんとうに小さな芽ですが
少しだけ大きくなりました。
ガンバレ〜〜〜( `ー´)ノ と毎日祈るような気持ちです。



そして
すぐにでも大きめの鉢に植え替えたいところですが
小さな芽が動き出している時に根を動かすのは良くないと思い・・・
休眠期に入るまで、この鉢のまま育てようと思っています。


この小さな鉢に虫が入り込んだら大変!なので
こんなことを思い付きました♪
e0021328_19371958.jpg
排水口用の水切りネットです。

e0021328_19372995.jpg
土の状態も見やすいし
このフィット感がなかなか良いです。

ストッキングタイプの水切りネットはよく伸びるので
オースチンの角鉢ぐらいのサイズまでは入るかもしれません。


ということで
この小さな2つの苗、来シーズン以降に望みを託して
大切に育てていきたいと思います………(*^ー^*)
[PR]
by setsukocookie | 2014-10-24 00:58 | ガーデニング&植物 | Comments(4)

秋の薔薇を見に...

気持ちの良い青空に誘われて
ぶらりとバラを見に出かけて来ました。
e0021328_19465324.jpg


昼過ぎに出たので大きなバラ園に行くような時間はなく...
距離的にも広さ的にも適度な
都内のお気に入りの薔薇スポットへ…♡
e0021328_1940645.jpg

平日なので(金曜日に行きました)人影もまばらで
広い敷地でのびのびと咲く秋の薔薇を静かに楽しむことができました。


ひとつ残念なのは
この庭園はバラの品種名を表示しているのはほんの一部のみで、
大部分が品種名不明のバラさんなのです。

美しい花を見たら、その花の名前を知りたくなるのが人情ですが
ここではそれがほとんどできません。
でもその分、バラの姿を純粋な気持ちで愛でることができる…と思うのです。


ということで
品種名不明の美しいバラたちです♡
e0021328_20321325.jpg

e0021328_20322413.jpg


e0021328_1195052.jpg
傾きかけた柔らかい日射しの中で
どのバラも静かな輝きを放っていました...

e0021328_23394886.jpg
スッと伸びた枝先に沢山の蕾...
秋にこんなに花をつけるなんて素晴らしいですね。


この庭園には腰ぐらいの高さの株も多いですが
見上げるほどの大きさの株もかなりあります。

e0021328_0121485.jpg

1.8m×1.5m
というような数字で表されるバラのサイズですが
その数字通りの株に出会うことは普段めったにありません。
(壁面やパーゴラ等に誘引された‘厚みがなく大きいバラ’に出会うことはありますが)
上の写真の株はまさに、数字通りの大きさでした。
最終的には本当にこういう大きさになるんだ!ということを目の当たりにして
驚きと感動…。

e0021328_0122699.jpg

このナエマは(これは品種名が表示されていました)ちょっと解りにくいですが
写真上部の写っていない部分も含めると3mはあろうかという感じです。
ここは様々な大きさのバラの自然樹形を観察することができる、絶好の場所だと思いました。


ちなみに、この庭園のバラたちは無農薬で栽培されているそうです。
もちろん剪定や誘引などはきちんとされていますし
いつもスタッフの方が丁寧にお世話をしていらっしゃいますので
バラたちは皆、生き生きとしています。
絶好の日当りと風通しに恵まれた環境で
のびのびと自然体で育っているここのバラが私は大好きです。



この素敵な場所は
e0021328_0265266.jpg

増上寺の隣、
e0021328_027532.jpg

東京タワーを見上げる場所にあります。


春のバラの素晴らしさは圧巻ですが
それ以外の季節にも、沢山の感動に出会える場所なのです………(*^ー^*)



2011年の春に訪ねたときのブログ記事もよろしければご覧ください → 

[PR]
by setsukocookie | 2014-10-21 01:49 | ガーデニング&植物 | Comments(6)

新しく迎える薔薇

今週末に我が家にやって来る予定のバラの苗のお話です...♡

今回注文したのは2品種。
ひとつは、
オールドローズの『ラ レーヌ・ヴィクトリア』

もうひとつは
『ビブ ラ マリエ!』という、メイアンのバラです。


『ラ レーヌ・ヴィクトリア  La Reine Victoria 』は
フランスの Joseph Schwartz によって1872年に作出された
ブルボン系のオールドローズ。
ラベンダー色を帯びたローズ色で
中輪のカップ咲き、そして素晴らしい芳香...
140年以上も愛され続けて受け継がれているオールドローズを
自分の庭でも咲かせてみたい…と思うようになりました。
La Reineはフランス語で「女王」…
我が庭に女王様をお迎えします……(∩´∀`∩)


そして
『ビブ ラ マリエ!  Vive la Mariée! 』は
今年5月、メイアン社が京成バラ園芸との友好50周年の記念に贈った、純白のバラ。
各国でHT部門の金賞や芳香賞など沢山の賞を受賞しています。
作出年は2010年となっていますが、日本では2014年の新品種として紹介されたばかりです。
Vive la Mariée! = 友好万歳! と訳されているのを見かけますが
mariéeは 結婚。
‘友好’よりも‘結婚’のほうが素敵ですよね...(^ー^)♡



イングリッシュローズをこよなく愛する私ですが
今回はどちらもフランスのバラ。
しかもオールドローズと、モダンローズの最新品種という
まったく違うタイプのバラを選んだわけですが
それぞれの性質の違い、また、今まで私が育てて来たイングリッシュローズとの違いを
これから自分の目と手で確かめていくのが楽しみです。


e0021328_17271333.jpg
写真は5月に咲いたスイート ジュリエット(ER)



e0021328_12242819.jpg
バラの香りを嗅いでみる愛犬クッキー。
本文とは関係ありませんが......(*^ー^*)

[PR]
by setsukocookie | 2014-10-16 01:23 | ガーデニング&植物 | Comments(10)

薔薇を待つ幸せ♡

そろそろ秋バラの季節・・・
環境によって、また上手なお手入れによって、もう咲いているというお話を耳に(目に)しますが
我が家の薔薇たちは、もう少し時間がかかりそうです。

いちばん蕾が膨らんで来たのは、この薔薇♡
e0021328_1651353.jpg

『ホワイト・ピーチ・オベーション』
2000年 デルイター社(オランダ)作出

私が自分の手で育て始めた、初めての薔薇です
園芸店のカタログで見た素敵な写真に魅了されて
購入したのが2005年の秋のこと…
その1年半後に初めてのイングリッシュローズを迎えるまでは
私のオンリーワンの薔薇でした。


枝が細く、生長がものすごくゆっくりで
シュートの発生はほとんど無く…
丸9年も経つというのに、高さは鉢の上35cmぐらいしかありません。
大きくならない…というか、これがこの薔薇のサイズということかもしれません。
e0021328_1983864.jpg


黒点病にかかりやすく、夏にはかなりの葉を落としてしまうのですが
それでも生命力は強いようで、必ず復活して、
いつも秋には沢山の葉を茂らせています。


今年の花は強い日差しに当て過ぎたためか赤い色が強く出てしまい、
本来の色ではない…と感じたので、ほとんど写真を撮りませんでした。

今年5月の花↓
e0021328_1972415.jpg
今見ると可愛いですね…
せっかく咲いてくれたのに不満を言ってしまって、ごめんね、ピーチオベーションさん…(>_<)


でも、本来はこんなに柔らかい色なのです...(3年前の写真↓)
e0021328_1803032.jpg

この薔薇のいちばん美しい姿だと思います。


イングリッシュローズを迎えてからは
大きさでも香りでも勝ち目のなくなってしまったこの薔薇ですが、
咲き始めの可愛らしさはピカイチです。
小さくても可愛い、大切な My First Rose……

この秋はどんな姿を見せてくれるか
間もなくの開花がとても楽しみです。



そして

もう増やさないつもりでいた薔薇ですが
熟考を重ねた末(←?)
先月、2本の苗を予約してしまいました。
その納品予定の案内が来て、来週の週末に届く予定です。
どんな状態で届くのか…期待に胸を膨らませています。


薔薇は生長を待つのも楽しみ♡
開花を待つのも楽しみ♡
苗を迎えるのも…楽しみですね………(*^ー^*)♡
[PR]
by setsukocookie | 2014-10-11 20:34 | ガーデニング&植物 | Comments(4)

夕焼け

10月10日、17時29分
空が薔薇色に染まりました♡

e0021328_01285516.jpg


わずか数分間の出来事でしたが
その美しさの余韻が今も残っています………

[PR]
by setsukocookie | 2014-10-11 01:47 | 日々の暮らし | Comments(8)

ルバーブのフラン

ルバーブのシロップ漬けを使って作ったのは
このデザート・・・♡
e0021328_162826.jpg


このフランのレシピを見つけてから
どうしても作ってみたくなり・・・
これを作るにはタルトストーン(パイ用の重石)がなくては
というわけでAmazonでポチッ☆と購入しました。

e0021328_20421732.jpg

今まではアップルパイを焼く時でも
土台の空焼きなしで一度に焼いてしまうレシピで作っていたので
初めての作業にちょっとドキドキ…。


いざ、タルトストーンを載せて、オーブンへ。
e0021328_20211818.jpg


そして、土台が焼けました。
e0021328_20212278.jpg
周りはふっくら膨らみましたが
底が膨らまずにお皿状になっていて、ちょっと感動…^^


しかし、問題発生。
e0021328_20432741.jpg

タルトストーンが生地に食い込んでしまって
ひっくり返してもすんなりとは離れてくれずに
取り除くのに一苦労…
取り残しがあって口の中で「ガリッ!」なんてことになったら大変です。
しかもタルトストーンを取り出した後にもう一度空焼きをしなければいけないので
熱い型をミトンで掴みながらの作業に必死になってしまいました。

アルミホイルかオーブンシートを敷いた上に
ストーンを入れれば良かったのですよね…
ひとつ学びました(^^;)


思わぬところで手間取ってしまいましたが
ルバーブのシロップ漬けを入れて、
アパレイユを流し込んで、
無事に焼き上がりました♡

e0021328_20473438.jpg


【今回の分量】16cmタルト型 2台分
 ルバーブのシロップ漬け 200g
 冷凍のパイシート    4枚
 溶き卵         1個分

 アパレイユ(中に流し入れる生地)
  卵       L1個(60g)
  生クリーム   90ml
  砂糖      45g
  コーンスターチ 4g

・パイ生地の空焼きは200℃で20分
・タルトストーンを取り除いて2度目の空焼き 200℃で10分
・2度目の空焼きの後、パイ生地全体に溶き卵を塗る
・具材を入れて170℃で30分焼き上げ


冷蔵庫で冷やして
爽やかで美味しいデザートが出来上がりました。
やっぱりルバーブ、美味しいです♡
そしてカスタード系のアパレイユとの相性が抜群です♬


ルバーブの流通時期は6月から11月中旬くらい迄ということなので
まだ購入のチャンスはありそうです。
もう一度…いえ、何度でも
作りたいなぁ♡と思っている、ルバーブのフランです………(*^ー^*)


e0021328_20501814.jpg

[PR]
by setsukocookie | 2014-10-07 01:32 | パン&お菓子 | Comments(6)

ルバーブのシロップ漬け

あの風味豊かなジャムを食べてから
毎日ルバーブのことを考えている・・・わけではありませんが
再びルバーブが手に入り、嬉しい日々が続いています♡

ジャムも本当に美味しいので何度でも作りたいところですが、
いろいろな調理法を試してみたい…と検索したところ
“歯ごたえのある”シロップ漬けの作り方を見つけました。
e0021328_2045479.jpg

【今回の分量】
ルバーブ 400g
砂糖   160g
(材料はこれだけ。水もワインも使いません。)

4cmぐらいの長さに切ってアク抜きをしたあと


e0021328_20455876.jpg

砂糖をまぶして数時間おき

e0021328_204676.jpg

砂糖の浸透圧で水分が出て来たらルバーブを取り出し

e0021328_20461962.jpg

その水分(シロップ)だけを沸騰させたら火を止め、ルバーブを戻し入れて
冷めるまでそのままおきます。


冷めたらルバーブを取り出して、再びシロップを沸騰させて、
ルバーブを戻し入れて、冷めるまでおく・・・
(始めのうちは少ないシロップが、繰り返すうちに増えてひたひたになります)
この作業を4回繰り返して・・・

できあがりました♡

e0021328_20463381.jpg

火にかけて煮込まないのでシャキシャキとした歯ごたえが残り、
とろとろのジャムとは全く違う、生のような食感が楽しめます。
(生でそのまま食べると酸っぱ過ぎて美味しいとは言えないのですが…)
これはフルーツとしてのルバーブの存在感たっぷりの
美味しい食べ方だと思います。

このまま食べてももちろんグーですが
このシロップ漬けを使ってデザートを作ってみることにしました。


つづく......(*^ー^*)
[PR]
by setsukocookie | 2014-10-06 17:01 | 料理 | Comments(2)

ルバーブのジャム

我が家はルバーブが大好き♡
お店で売られているのになかなか出会えないのが残念なのですが
見つけたときは迷わず買います。
e0021328_20194529.jpg


これは8月にジャムを煮た時のもの・・・
とても美味しい配合でしたので
次回作る時の為に載せておきたいと思います。


【今回の分量】
ルバーブ 400g
砂糖   200g
白ワイン 140ml
レモン汁 大さじ1

e0021328_20251574.jpg
2cmほどにカットして、一晩水に漬けてアク抜き。


水気を切って鍋に入れ、砂糖と白ワインを入れて一晩おいて...
e0021328_2025248.jpg
砂糖が溶けてルバーブからしみ出した水分と白ワインが混ざり合った状態♪


これを火にかけ、煮立ったら弱火でコトコト...
e0021328_20253245.jpg
今回は50分ぐらい煮ました。

最後にレモン汁を加えて、煮沸消毒した瓶へ。


e0021328_20201993.jpg
小さな瓶に3本分、できあがりました。


色鮮やかな果実に比べると、見た目は地味なのですが
爽やかな酸味と白ワインの風味が絶妙...
ルバーブの魅力に再び目覚めてしまうほどの、感動的な味です♬
[PR]
by setsukocookie | 2014-10-06 01:38 | 料理 | Comments(4)