日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

タグ:ジャム ( 7 ) タグの人気記事

ルバーブのジャム

ルバーブが手に入ったので、今年もジャムを作りました...♪
e0021328_165096.jpg


砂糖と白ワインをまぶして一晩おき、
弱火でコトコト煮るだけ。

400gのルバーブから
小さな瓶に3本分できました。


爽やかな酸味を持つ野菜のようなフルーツ、ルバーブ。
大好きなジャムです............(*^ー^*)



レシピは昨年の記事に♬ → 
[PR]
by setsukocookie | 2015-07-27 01:07 | 料理 | Comments(4)

ルバーブのシロップ漬け

あの風味豊かなジャムを食べてから
毎日ルバーブのことを考えている・・・わけではありませんが
再びルバーブが手に入り、嬉しい日々が続いています♡

ジャムも本当に美味しいので何度でも作りたいところですが、
いろいろな調理法を試してみたい…と検索したところ
“歯ごたえのある”シロップ漬けの作り方を見つけました。
e0021328_2045479.jpg

【今回の分量】
ルバーブ 400g
砂糖   160g
(材料はこれだけ。水もワインも使いません。)

4cmぐらいの長さに切ってアク抜きをしたあと


e0021328_20455876.jpg

砂糖をまぶして数時間おき

e0021328_204676.jpg

砂糖の浸透圧で水分が出て来たらルバーブを取り出し

e0021328_20461962.jpg

その水分(シロップ)だけを沸騰させたら火を止め、ルバーブを戻し入れて
冷めるまでそのままおきます。


冷めたらルバーブを取り出して、再びシロップを沸騰させて、
ルバーブを戻し入れて、冷めるまでおく・・・
(始めのうちは少ないシロップが、繰り返すうちに増えてひたひたになります)
この作業を4回繰り返して・・・

できあがりました♡

e0021328_20463381.jpg

火にかけて煮込まないのでシャキシャキとした歯ごたえが残り、
とろとろのジャムとは全く違う、生のような食感が楽しめます。
(生でそのまま食べると酸っぱ過ぎて美味しいとは言えないのですが…)
これはフルーツとしてのルバーブの存在感たっぷりの
美味しい食べ方だと思います。

このまま食べてももちろんグーですが
このシロップ漬けを使ってデザートを作ってみることにしました。


つづく......(*^ー^*)
[PR]
by setsukocookie | 2014-10-06 17:01 | 料理 | Comments(2)

ルバーブのジャム

我が家はルバーブが大好き♡
お店で売られているのになかなか出会えないのが残念なのですが
見つけたときは迷わず買います。
e0021328_20194529.jpg


これは8月にジャムを煮た時のもの・・・
とても美味しい配合でしたので
次回作る時の為に載せておきたいと思います。


【今回の分量】
ルバーブ 400g
砂糖   200g
白ワイン 140ml
レモン汁 大さじ1

e0021328_20251574.jpg
2cmほどにカットして、一晩水に漬けてアク抜き。


水気を切って鍋に入れ、砂糖と白ワインを入れて一晩おいて...
e0021328_2025248.jpg
砂糖が溶けてルバーブからしみ出した水分と白ワインが混ざり合った状態♪


これを火にかけ、煮立ったら弱火でコトコト...
e0021328_20253245.jpg
今回は50分ぐらい煮ました。

最後にレモン汁を加えて、煮沸消毒した瓶へ。


e0021328_20201993.jpg
小さな瓶に3本分、できあがりました。


色鮮やかな果実に比べると、見た目は地味なのですが
爽やかな酸味と白ワインの風味が絶妙...
ルバーブの魅力に再び目覚めてしまうほどの、感動的な味です♬
[PR]
by setsukocookie | 2014-10-06 01:38 | 料理 | Comments(4)

ゴーヤジャム

台風と共に暖かい空気も去って
庭には枯れ葉が舞うようになり・・・
一気に季節が進んだのを感じています。

夏の間大活躍してくれた緑のカーテンも10日ほど前に撤去し、
今シーズンの我が家のゴーヤ・ライフは終了しました。


ゴーヤの季節の締めくくりには、やはりこの話題…ということで
『ゴーヤのジャム』です。
e0021328_112890.jpg


うっかり収穫の時期を逃して黄色くなってしまった…ということ、
ゴーヤを育てたことがある方ならきっと経験があるのではないでしょうか。

黄色くなると苦味は弱くなりますが、シャキシャキとした食感も失われてしまい…
緑のゴーヤとは別もののようになってしまいます。
そうなってしまったときの、いちばんの活用法がこのゴーヤジャム♪

私は黄色くなるのを待ってでも作りたい...ので
よそ様の軒先で忘れ去られたようにぶら下がっている黄色いゴーヤを見ては
「あ〜もったいない...」と思っていました...



☆ゴーヤジャムの作り方☆

黄色くなりかけたら収穫し、破裂する前に洗っておきます。
室温においておくと追熟が進んで(室温にもよりますが)1〜2日で破裂します。
タネを包んでいる赤いワタも美味しいので、ちょっと面倒ですがタネを取り除いて使います。

タネを取らずに、煮ているうちにタネからワタが剥がれてくれるのでは...と試したこともあるのですが
それは失敗で...『タネ入りジャム』が出来上がってしまいました(^_^;)

e0021328_1122534.jpg

今回は
ゴーヤ・正味463gで、砂糖は185g
糖度40%で作りました。

粗く刻んだ黄色いゴーヤを鍋に入れ、砂糖をふりかけて数時間置き
水分が出て来たらレモン汁(大さじ1)を加えて火にかけます。
アクを取りながら10分~15分煮て出来上がり。

いつもなら最後に隠し味で塩をひとつまみ・・・なのですが
今回は入れ忘れてしまいました。
それでも、違いがわからないくらい甘くて美味しいジャムが出来ました。


パンにはもちろん、ヨーグルトにも合いますし、
クリームチーズとは特に相性が抜群で
クラッカーにのせてカナッペ風にしたらとても好評でした。


我が家では定番になりつつある、ゴーヤのジャム。
皆様にも是非、ゴーヤの豊富な季節に挑戦してみていただきたいと思います......♪




以前の記事もよろしければご覧ください → 
[PR]
by setsukocookie | 2013-10-19 01:15 | パン&お菓子 | Comments(7)

嬉しいジャム2種

お隣の庭で元気よく育っている、ブラックベリー・・・
e0021328_0351482.jpg

1年前は細〜い苗だったのに
今年は大きく生長して、実をいっぱい付けています…☆


「実が生ったら半分差し上げるわね〜♪」という、1年前の嬉しい約束通りに
お隣の奥様からいただいたのは
e0021328_0425111.jpg
ジャムに姿を変えたブラックベリー♪
赤い宝石のような深みのある色と濃厚な味わい、そして爽やかな酸味のある、風味豊かなジャムです。





そして
私は、これを・・・♪
e0021328_059366.jpg
(うちで育てたわけではなく、買ったものですですが...)

ルバーブが手に入ったので
ジャムを作りました♡
e0021328_0595692.jpg


ルバーブを初めて口にしたのは
ロンドンの伝統あるカフェでのこと。
カスタードと共にオーブンで焼かれた温かいデザートでした。
レモンのような酸味とフルーティーな味わいに
すっかり魅了されてしまったのでした。
見た目はフキなのに…不思議なフルーツ?野菜??です。


その後、何度か自分でコンポートやジャムなどにしてみましたが
なかなか売っているのを見かけないので...
見つけただけで本当に嬉しくなる食材なのです。


今回はどう調理しようかと迷いましたが
はやり色々使えて日持ちもするジャムを選びました。


ジャムをコトコト煮ているときはなんだか幸せな気持ちに...
そして、食べてまた幸せに…♡




このジャムを隣の奥様にお裾分けし
嬉しい物々交換となりました.........(*^ー^*)
[PR]
by setsukocookie | 2013-07-28 17:07 | パン&お菓子 | Comments(2)

圧力鍋で苺ジャム

苺の季節もそろそろ終わりですね…
e0021328_16475558.jpg
少し前のことですが、苺ジャムを作りました。
とても手軽に美味しく出来たので
記録として残しておきたいと思います。



行きつけの青果店で こんなに可愛い苺が
とってもお買い得な価格で売られているのに出会い・・・
e0021328_1647437.jpg
見た瞬間に『ジャムにしたい♡』と思ったのでした…♪


今回は初めて圧力鍋を使ったレシピで作ってみました。


 苺4パック(正味 980g)
 砂糖 300g(苺の量の約30%)
 レモンの絞り汁 1個分


材料すべてを圧力鍋に入れ中火にかけ、圧が掛かったら弱火にして2分。
火を止めて放置、圧が下がったら蓋を取り、再び火にかけて少し煮詰める。
熱いうちに、煮沸消毒したビンに入れて出来上がり♪

e0021328_1648663.jpg
自然に崩れた苺と、崩れずに残った粒とのバランスがちょうど良い感じに仕上がりました。


ヨーグルトやデザートに、大活躍してくれています……(*^ー^*)♪
[PR]
by setsukocookie | 2013-06-12 23:45 | 料理 | Comments(6)

ゴーヤは甘い。

e0021328_23252239.jpg

そろそろゴーヤの季節も終わりを迎えつつあり...

我が家のゴーヤもすっかり生長のペースが鈍って
もうこれが最後かな〜・・・
という実がいくつか生っています。


今年初めて経験したゴーヤ栽培(=緑のカーテン)。
栽培はおろか、ゴーヤ自体を食したことがほとんどなかったので

『ゴーヤは熟すと黄色くなる』

ということを今年初めて知りました。
しかも、熟すと『甘くなる』なんて...(@@)!

黄色くなったものを収穫して室温に置いておいたら
追熟が進み、赤みが増して、翌々日には弾けました。
e0021328_2325380.jpg


更にビックリな、この種の色!!!
実が青い時の白いワタがこんなふうに姿を変えるなんて...
e0021328_23244164.jpg
しかも、この赤い実(種の周り)、甘いのですよ!フルーツみたい...
例えるなら、熟れて柔らかくなった柿のような味です。

沖縄の子供たちは、これをおやつに食べるそうです....


肝心な皮(実?)の部分ですが
熟すと、ゴーヤ独特のシャキシャキ感が無くなってしまうので
残念ながら炒め料理には向きません。
この食感を活かす料理があればいいのに...と模索中ですが...。



いろいろ調べていたら
黄色く熟したゴーヤでジャムを...というレシピを見つけたので
作ってみました。

e0021328_23275961.jpg

主人の反応は
「(・・)?・・・」
でしたが、私的にはかなりのヒット♪

苦味の強いマーマレード...と言ったらイメージが近いでしょうか。
パンにもヨーグルトにも合いそうです...(^_^)v




追記:
☆ゴーヤジャムのレシピ☆
(今回作った分量です)
・黄色く熟したゴーヤ 230g(正味)
・砂糖        100g
・レモン汁      大さじ1/2

刻んだゴーヤと砂糖を鍋に入れてしばらく置き、砂糖の浸透圧で水分が出てきたらレモン汁を入れて火にかけます。ゴーヤをつぶしながら、強めの中火で10分程度、お好みの硬さまで煮詰めて出来上がり。最後に隠し味で塩をひとつまみ!→ →甘みが増します。

ジャムの砂糖の割合は50%が基本だそうですが、今回は約43%で。結構甘く感じます。
糖度40%以下で作った場合は、冷蔵保存で1週間以内に食べきったほうが良いようです。
[PR]
by setsukocookie | 2010-10-15 23:33 | 料理 | Comments(10)