日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

タグ:バラ ( 125 ) タグの人気記事

晩秋のセントセシリア

秋色に染まった庭で
セントセシリアが咲き続けています……

e0021328_00444694.jpg

この薔薇は‘伸びた枝先に必ず花を付ける=完全四季咲き’
ほんとうによく咲いてくれます。




e0021328_00481910.jpg


真ん丸に膨らんだ桃のような蕾もとても可愛く
この姿ももう少し見ていたいので
ゆっくり咲いてね・・・と思ってしまうのです♡


でも、日増しに深まる秋、冷え込みも強まっていますから
あまりゆっくりもしていられませんね…




e0021328_00485173.jpg




明日の朝の気温は6℃の予想...
12月中旬ごろの気温だそうです。
薔薇たちは休眠の準備に入ってしまうでしょうか?


せっかく上がって来たたくさんの蕾たち
なんとか頑張って咲き切ってほしいものです………♡







[PR]
by setsukocookie | 2016-11-08 01:33 | ガーデニング&植物 | Comments(6)

眠りから目覚めたクリスティアーナ

5月の上旬にはこんなに麗しい姿を見せてくれていた
クリスティアーナですが
e0021328_00400429.jpg


一番花が終って花後の剪定をした後
異変が発生しました。


昨年の12月に大苗で迎えた若い株ですが
本来ならば新芽が動き出して新しい葉が展開していく時期…
しかもつるバラですから、この春はきっと勢いよく伸びて
長くなり過ぎた枝はどうやって支えよう…なんて先の心配までしていたのですが。
芽の動く気配がまったく見られず、
かと言って葉が枯れ落ちる訳でもなく、フリーズ状態に…。




e0021328_20424621.jpg
そして6月上旬には
葉のフチがこんな色になりました。

気温の高い日もありましたから、葉焼けか水切れでも起こしたのかと
最初は思っていましたが、今までに見たことのない現象なので不安になり
ネットで検索してみたところ
どうやら褐斑病に罹っている...ということが判明しました。


e0021328_20425640.jpg
黒点病も併発して哀れな姿に...(u_u;)
(他の薔薇と同様に殺菌剤の散布はしていたのですが)



褐斑病は糸状菌(しじょうきん)が原因で起こる病気で
温度と湿度が高い時期に発生しやすいのだそうです。 

症状が進むと葉が黄変して落葉し、やがて枯れてしまう怖い病気だということで青ざめましたが
治療法があると判って少し安心しました。

その治療法に従い、ダコニール1000(殺菌剤)を規定の倍率(1000倍)に薄めて
株元にたっぷりと灌水(→土壌中の菌を殺菌)しました。
2回行えばほとんど完治するということで、一週間おいて2回目を実施。
その2回目から2週間ほどしてから鉢増しをして新しい土を増やし
殺菌剤によって死滅してしまった有益菌を補う為に
有機肥料も与えました。
(ここまで7月上旬のことです)




そして7月の末、
e0021328_20430307.jpg
遂に芽が動き出しました!


まるで悪い魔法が解けて眠りから覚めたかのように
ほぼ全ての枝先から新芽が伸びました。
春の芽吹きも感動的ですが
枯れてしまうかもしれなかった病気からの復活は、感動もひとしおです。
                                                                                                                               
e0021328_00402834.jpg
その後、赤い葉は綺麗なグリーンへと変わり
株全体に精気が戻って来ました。

小さな蕾もいくつか付けましたが
さすがに病み上がりの状態では咲かせるわけには行かず
摘蕾しました。


秋にはまた美しい花に出会うことが出来るでしょうか...
9月は台風が来たり長雨の季節でもありますから
病気が再発したりすることのないよう、気が抜けません。
しっかりと観察しながら、大事にケアしていきたいと思います。







[PR]
by setsukocookie | 2016-09-04 01:11 | ガーデニング&植物 | Comments(6)

真夏の薔薇

セントセシリアが夏の間もとても元気で
美しい花をたくさん見せてくれました......♪

e0021328_23413295.jpg

(8月中旬の写真です)





e0021328_23414091.jpg

くすみの無い本当に美しいピンクで
春の端正なロゼット咲きとは少し違って
ふわっと軽やかな咲き方…
でも崩れ過ぎることなく、品のある表情を保っていました。







e0021328_00591683.jpg


プランターで咲いているのはインフィニティ・ローズで
その左がセント・セシリア。
インフィニティは7月は黒点病が酷くて目を覆いたくなるような状態でしたが
その後新しい葉に生え替わって、美しい花を咲かせてくれました。


花の少ない夏に一服の清涼剤のように気持ちを癒してくれた夏の薔薇ですが
前回の台風接近の前に全てカットして、今は体力温存中です。




今回の台風10号は超大型ということと
『かつて無い』という言葉が繰り返し強調されていたので
どんなことになるのかと戦々恐々としていましたが
幸いにもこちらは雨も風も大したことなく済みました。
東北地方で大きな被害が出ていることには心が痛みます...

台風は進路次第で影響が全く変わって来るので
発生する度にハラハラします。
今シーズンあと幾つの台風を迎えることになるのでしょうか・・・



高過ぎない気温と、強過ぎない風と、適量の雨…
穏やかな天気が続くことを祈るばかりです。









[PR]
by setsukocookie | 2016-08-31 01:30 | ガーデニング&植物 | Comments(2)

ご無沙汰してしまいました…

7月前半は実家の用事でほぼ1〜2日おきに実家に通う日が続き、
その合間を縫って家のことと庭の手入れ...
梅雨時ですから庭仕事に適したお天気ではないことも多く、
充分に手をかけてあげられない薔薇やほかの植物たちに
申し訳なく思いながら過ごしていました......



薬剤散布だけはいつもの年とそれほど間隔が変わらないように気をつけていましたが
今年は今までになく黒点病が酷く出てしまった品種があり...
やはり、じっくり観察しながら‘足跡’をたくさん残している年とは
株の健康状態に違いが出てしまうものだと痛感しています。




これは数日前、雨の中で咲いていた
ジュード ジ オブスキュア
e0021328_00393388.jpg
この薔薇はとても元気で
遅めの二番花の蕾がたくさん上がって来ています。


我が家のイングリッシュローズたちは概ね黒点病には強いようで
ほとんど発症しなかったり、罹っても軽症です。
問題はそのほかの薔薇さんたち…
今年の夏は特に慎重にケアしていかなくてはと思います……...






[PR]
by setsukocookie | 2016-07-19 01:05 | ガーデニング&植物 | Comments(4)

雨上がりの薔薇

霧吹きで吹きかけたような細かい雨粒を纏った薔薇が

雨が上がってホッと溜め息をついているかのように

優しい表情で咲いていました…♪


e0021328_00505068.jpg



e0021328_00503252.jpg
セント・セシリア




e0021328_00504195.jpg
シャーロット・オースチン




e0021328_00505852.jpg


明日からしばらくは眩しい太陽と厳しい暑さがやって来るそう…

そんな日が続くと、きっとこんな梅雨空も恋しく思えて来たりするのでしょうね………(*^ー^*)








[PR]
by setsukocookie | 2016-07-01 01:34 | ガーデニング&植物 | Comments(2)

今年のモーティマー・サックラー

一番花が終って今は開花はお休み中ですが
5月の中頃はこんな姿で
玄関を囲むように咲いていました…

e0021328_00414474.jpg
長く伸びて来た枝をベランダから吊るしたロープで支えて
このような形に誘引することができました。

枝がスラリと伸びるタイプの薔薇で
しなやかな枝が描く曲線が本当に美しいと思います。



e0021328_00094221.jpg

花弁が軽くて柔らかいので
少しの風でもヒラヒラと揺れて…
その風を纏う姿も含めて美しい薔薇なのです...♡




e0021328_00163187.jpg

地植えにして初めての年(2012年)は
こんな様子でした。
現在の姿と比べると頼りない感じですが
こんな頃もあったんだなぁ…と愛しく思えて来ます。



e0021328_00264635.jpg

今年もベイサルシュートは順調。
すでに2mぐらいに伸びています。

アスパラのように真っすぐで、太さもちょうどそのくらい…♪
(茹でて食べたら美味しそうです^^)
そして不思議なくらい棘が少ないのです。

とても扱いやすくて、病気にも強い、優れた薔薇だと思います。




[PR]
by setsukocookie | 2016-06-03 01:48 | ガーデニング&植物 | Comments(10)

咲き続けるグリーンアイス

ほとんどの薔薇の一番花が終って
葉桜ならぬ‘葉薔薇’の季節となりました……


そんな中で、ずっと咲き続けているのが
ミニ薔薇、グリーンアイス♬

e0021328_23414059.jpg


しなやかな細い枝に、小さくて可愛らしい葉、
そしてフサフサの軽やかな花...
ピンクの蕾からオフホワイトの花が咲いて
咲き進むとグリーンへと変化していく
その色の混ざり合う様子がとても美しい薔薇です。




e0021328_23442081.jpg

コンパクトにまとまって(大きくなるようですが…)
優しい雰囲気を造り出し、
花もちもとても良くて…。
ミニ薔薇の魅力に改めて気付かせてくれた
ほんとうに可愛いグリーンアイス。

沢山咲くようになったら
この薔薇だけでブーケを作ってみたい♡と思っています...(*^ー^*)♬










[PR]
by setsukocookie | 2016-06-02 01:18 | ガーデニング&植物 | Comments(6)

薔薇咲く庭へ

薔薇の開花がピークを迎えた先週の或る日
とても素敵な薔薇のお庭を訪ねました…♪

薔薇栽培の豊富な経験と知識をお持ちで
様々なコンパニオンプランツを取り入れた素敵なお庭作りをされている
憧れのロザリアン...Mさんのお宅の庭です。

ブログがきっかけで素敵なお付き合いが始まり
何度かお会いする機会にも恵まれ
「いつか実際にお庭を拝見することが出来たら…」と願っていたところ
Mさんから嬉しいお招きをいただき・・・夢が叶うことに♡
友人Cさんと心躍らせながら訪問させていただきました。


玄関横の小径を抜けて、薔薇で覆われたアーチをくぐり
目の前に広がったこの光景に...思わず歓声をあげてしまいました!
e0021328_16461392.jpg

長い海外生活の中でインスピレーションを得られて
ご主人様と日々のお世話を分担しながら造り上げて来られた、
沢山の想いが込められたガーデンです。

どの薔薇も草花たちも伸びやかに咲き誇っていて
その姿は日頃のお手入れの良さ、土の良さを物語っているようでした。




庭の中央には大きなパラソル付きの憩いのスペースがあり
ここでランチをいただくことに...♡

e0021328_16112584.jpg
奥に見えているガゼボを覆う白い薔薇は
‘ロサ・ムリガニー’
英国のガーデンで出会って印象的だったという薔薇を
帰国後に日本で探されて植栽し、
数年でガゼボを埋め尽くすほどの姿に生長を遂げたそう...
薔薇が降り注ぐような、ほんとうに見事な景観が造り出されていました。



e0021328_16303230.jpg

美味しいフランスパンと、美しい薔薇・:.゚☆..:´*。
それだけでも、お腹も気持ちも満たされそうでしたが...


こんなに素敵なお料理をご用意してくださいました。

e0021328_22522863.jpg


目にも鮮やかなお料理は
どれもほんとうに美味しくて♡
Mさんのセンスとお料理の腕前に感服です。。
フランスの香り漂うテーブルコーディネートも素敵でした。

薔薇に囲まれて、心地良い風に吹かれて...
最高に贅沢なランチタイムでした。




素敵なランチとお庭を存分に楽しませていただいた後
今度はお部屋でデザートを用意してくださり…

e0021328_16392530.jpg


色鮮やかなフランボワーズのムースと
ガトーショコラはMさんの手作り。
見た目もお味も一流ホテルのデザートのよう♡
更に、素晴らしいティーポットで紅茶をサーブしていただき...
まさに至福のひとときでした......・:.゚☆..:´*。




薔薇栽培についてアドバイスをいただいたり
お料理やデザートのレシピを教えていただいたり
楽しい語らいの時間はあっという間に過ぎて
素敵なお庭にお別れを......
e0021328_16111823.jpg


朝陽に輝く時間帯や、夕暮れ時の静かなひと時、
どのシーンもどんなに美しいことでしょう...
そして季節ごとに表情を変えていく庭…
その移ろう様子をこのベンチに座ってずっと眺めていたくなるような
そんな
魅力の尽きない素敵なお庭でした…………♡










[PR]
by setsukocookie | 2016-05-27 01:28 | ガーデニング&植物 | Comments(6)

イングリッシュローズが咲き揃って

今週になってからイングリッシュローズ3品種が咲いて
我が家のイングリッシュローズが咲き揃いました。
e0021328_23075639.jpg
一番奥のピンクがモーティマー・サックラー
その手前がスイート・ジュリエット
真ん中付近のイエローとアプリコットの中間の色がジュード・ジ・オブスキュア
一番下のピンク系がセント・セシリア
左下で向こうを向いて咲いているのがシャーロット・オースチン
この手前の3品種が遅めの開花でした。
プリンセス アレキサンドラ オブ ケントはいち早く花が終ってしまい、ここには写っていません。



一見、似たような印象と受け取られかねない、色合いの近い薔薇たちですが
この淡い色の中の色幅の豊富なところこそ
イングリッシュローズの最大の魅力ではないかと思っています。
(もちろん香りや樹形、四季咲き性など、ほかの要素もあるのですが...)



e0021328_23080495.jpg


微妙な色の違いがお互いを引き立て合っているように感じます...(*^ー^*)







[PR]
by setsukocookie | 2016-05-20 00:10 | ガーデニング&植物 | Comments(4)

薔薇を室内で楽しむ

せっかくの薔薇の季節に大雨が降ったり強風が吹き荒れて
花が痛んだり散ってしまうと
ほんとうにがっかりしてしまいますね・・・

先週のそんな日がやって来る直前に
その時庭に咲いていた薔薇を切って、浅い花器に並べてみました。

e0021328_16304048.jpg




e0021328_16345507.jpg



e0021328_16310032.jpg


花の色や形をじっくり比較するのも楽しいもの…
外の風景の中で咲いている時よりも花そのものの色がはっきり見えて
改めてその薔薇の魅力に気が付くことがあります.........♡









[PR]
by setsukocookie | 2016-05-18 01:33 | ガーデニング&植物 | Comments(2)