日々の暮らしの中で見つける さりげない幸せ

skgarden.exblog.jp

タグ:バラ園 ( 4 ) タグの人気記事

秋の薔薇を見に...

気持ちの良い青空に誘われて
ぶらりとバラを見に出かけて来ました。
e0021328_19465324.jpg


昼過ぎに出たので大きなバラ園に行くような時間はなく...
距離的にも広さ的にも適度な
都内のお気に入りの薔薇スポットへ…♡
e0021328_1940645.jpg

平日なので(金曜日に行きました)人影もまばらで
広い敷地でのびのびと咲く秋の薔薇を静かに楽しむことができました。


ひとつ残念なのは
この庭園はバラの品種名を表示しているのはほんの一部のみで、
大部分が品種名不明のバラさんなのです。

美しい花を見たら、その花の名前を知りたくなるのが人情ですが
ここではそれがほとんどできません。
でもその分、バラの姿を純粋な気持ちで愛でることができる…と思うのです。


ということで
品種名不明の美しいバラたちです♡
e0021328_20321325.jpg

e0021328_20322413.jpg


e0021328_1195052.jpg
傾きかけた柔らかい日射しの中で
どのバラも静かな輝きを放っていました...

e0021328_23394886.jpg
スッと伸びた枝先に沢山の蕾...
秋にこんなに花をつけるなんて素晴らしいですね。


この庭園には腰ぐらいの高さの株も多いですが
見上げるほどの大きさの株もかなりあります。

e0021328_0121485.jpg

1.8m×1.5m
というような数字で表されるバラのサイズですが
その数字通りの株に出会うことは普段めったにありません。
(壁面やパーゴラ等に誘引された‘厚みがなく大きいバラ’に出会うことはありますが)
上の写真の株はまさに、数字通りの大きさでした。
最終的には本当にこういう大きさになるんだ!ということを目の当たりにして
驚きと感動…。

e0021328_0122699.jpg

このナエマは(これは品種名が表示されていました)ちょっと解りにくいですが
写真上部の写っていない部分も含めると3mはあろうかという感じです。
ここは様々な大きさのバラの自然樹形を観察することができる、絶好の場所だと思いました。


ちなみに、この庭園のバラたちは無農薬で栽培されているそうです。
もちろん剪定や誘引などはきちんとされていますし
いつもスタッフの方が丁寧にお世話をしていらっしゃいますので
バラたちは皆、生き生きとしています。
絶好の日当りと風通しに恵まれた環境で
のびのびと自然体で育っているここのバラが私は大好きです。



この素敵な場所は
e0021328_0265266.jpg

増上寺の隣、
e0021328_027532.jpg

東京タワーを見上げる場所にあります。


春のバラの素晴らしさは圧巻ですが
それ以外の季節にも、沢山の感動に出会える場所なのです………(*^ー^*)



2011年の春に訪ねたときのブログ記事もよろしければご覧ください → 

[PR]
by setsukocookie | 2014-10-21 01:49 | ガーデニング&植物 | Comments(6)

満開のばら苑へ

先週訪ねた
満開の 生田緑地ばら苑 の様子です。
e0021328_23452037.jpg
夫が早々と記事にしたのに
すっかり出遅れてしまいました...(汗)



先週の水曜日に訪ねた時に ほぼ満開に近い状態でしたので
もうピークは過ぎていると思われますが
生田緑地ばら苑のブログを見ると、まだ盛んに咲いている模様です。

一昨日の記事では、咲き終わった花をボランティアさんたちがせっせと切っている写真が載っていました。
そう、この ばら苑はボランティア・スタッフさんの力(と、川崎市の管理)で成り立っているのです。


533種、4700株のバラが植えられているとのことで
入園無料で公開しているのが信じられないほど
美しく整えられた、立派な ばら苑です。
(苑内には募金箱が設置されています♪)



オールド ローズ、モダン ローズ、ミニチュア ローズ...等々
種類やテーマで分類されたバラに魅了されながら苑内を歩いて
やはり一番気になったのはイングリッシュローズのコーナー♪
e0021328_200291.jpg
左上:クイーン オブ スウェーデン
右上:チョーサー
左下:ワイルドイブ
右下:コンテ ドゥ シャンパーニュ


透き通るような花びらと繊細な形が美しいイングリッシュローズ。
淡いピンクのバラも品種によって微妙に姿が違って
それぞれが本当に魅力的ですが...
e0021328_0503225.jpg
この『クイーン オブ スウェーデン』の咲き揃った様子が本当に美しかったです...♡


この ばら苑のシンボル的な存在、
大きなパーゴラの回廊も見どころ♪
e0021328_23453448.jpg
品種名を控えておくのを忘れてしまったものもあるのですが
左下:スパニッシュ ビューティー
右下:ローズ・ゴジャール →高島屋の包装紙ようなバラでした☆




この角柱型のオベリスク仕立てのバラたちも素敵でした♪
e0021328_23541242.jpg
小さな女の子が撮っているのは
バラの前でポーズをとる お婆さま♪



夫が撮っているのは...『ピース』
e0021328_23522469.jpg
世界バラ会連合が選出する“殿堂入りのバラ”の初代に選出されたのが
このバラなのだそうですね...♪




オレンジからピンクのグラデーションがとても華やかなこのバラは
『ルーピング』という、メイアンのバラでした。
e0021328_0362356.jpg
左がパーゴラ仕立て、右がトレリス仕立て
同じバラでも仕立て方で随分と印象が変わります...



お馴染みのピエール ドゥ ロンサール♪♪
e0021328_0454583.jpg
右側は『ブラン ピエール ドゥ ロンサール』
咲き進むともっと白くなるそうです。
素敵な色合いにウットリ...♡



魅力的なバラが沢山あり過ぎて
とてもご紹介しきれないのですが
印象に残ったバラたちを数枚...
e0021328_23545439.jpg
左上:コティリオン
右上:アンバー・クィーン
左下:アプリコット・ネクター
右下:キャラメル アンティーク



e0021328_1273875.jpg
左:カトリーヌ・ドヌーブ
右:エメラルド アイル



ベージュがかった微妙な色合いと花びらのウェーブがとても素敵な
エメラルド アイル...
イギリス(北アイルランド)のディクソンという人が作出したバラです。
アレンジメントに使ったら素敵だろうなぁ...と
想像が膨らみます。
私の“欲しい薔薇リスト”の上位になりそうです...(*^^*)



そして、こんな名前のバラがありました♪
(コレットさ〜〜〜ん♪♪♪ スペルは違うのですが...
e0021328_0415413.jpg
このバラはもう終りかけのお花が多くて
ベストの状態ではなかったのが残念ですが...
最盛期はこんなに美しく咲いていたようです。



   *     *     *


春と秋の開花時期にのみ公開される、この ばら苑。
多摩丘陵の豊かな緑に囲まれた静かな環境で
薔薇の魅力を存分に味わうことが出来ます。


今シーズンの開苑期間は間もなく終ってしまい(明後日まで)
秋の公開は10月中頃のようです。


秋にはどんな姿が見られるのでしょう.....
必ずまた行きたいと思っています♪♪


e0021328_0371899.jpg

[PR]
by setsukocookie | 2012-06-01 22:46 | ガーデニング&植物 | Comments(4)

満開のバラを見に...

e0021328_0101594.jpg
爽やかに晴れ渡った先週の木曜日、
都内の某所にバラを見に行って来ました。

“某所”というのは
有名なバラ園でも植物園でもなく....おそらくあまり知られていない、ホテルの庭園なんです。


今年の2月に或るイベントに招待されてこのホテルを訪れ、庭園の存在を知りました。
2月の庭園はクリスマスローズがところどころ咲いていた程度で
芝生は緑ではないし、バラは冬剪定でバッサリ切られた直後の寂しい庭...。
でも、そのきっちりと剪定されたバラの姿を見て
これは咲いたら素晴らしい景観になるのは間違いないと確信したのです。

そして、開花の時期を見計らって行ってきました。


芝生が美しく張られた広々としたスペースは、それだけでも贅沢な都会のオアシスですが
その庭園に植えられたバラは800本にも及ぶとか...。
しかも、芝公園の一角にある、まさに都心の一等地。
溜め息が出るほど贅沢な空間です.....


ローズガーデンの中心で、ひと際目を惹くガゼボ♪
e0021328_2393789.jpg
そのガゼボを覆っているバラは
マダム ピエール オジェ...
e0021328_027433.jpg
色も形も
ほんとうにチャーミングなバラでした。


そして私は
ガゼボの低い位置に絡まって咲いていた、このバラ ↓ に釘付けに!!
e0021328_032165.jpg
今、一番欲しいと思っている色のバラだったのです。
ネームプレートが付いていたのですが、見えづらい位置にあり...
どうしても名前が知りたかったので
ちょうど近くで作業をしていたガーデンスタッフの方に尋ねたところ

イングリッシュローズの『フォールスタッフ(Falstaff)』でした。

バラの本やインターネットで見て気になっていたバラで...
実物を見て色を確かめたいと思っていたのです。
思いがけず、しかもこんなに素敵な場所で出会うことが出来て...♪♪
これはもう、運命??....と興奮も覚めやらぬまま
帰宅してすぐにインターネットで注文してしまいました.....♪♪♪
まだ届いていませんが、とても嬉しい収穫でした^^
e0021328_1717491.jpg
実物はもう少しパープルが強い感じです。
赤系のバラは写真で色を出すのが難しいですね....

e0021328_17454140.jpg
親切なガーデンスタッフさん
コンテナの寄せ植え作業中でした^^


風にそよぐ宿根草も とても綺麗でした。
e0021328_1681682.jpg


平日だったせいか訪れる人もまばらで
静かで心が落ち着く場所でした。
ホテルの庭園ですが誰でも自由に入ることができて(もちろん無料♪)
犬連れで歩いている方もいらっしゃいました。
e0021328_1685944.jpg
とてもハンサムなワンちゃん...(*^^*)


e0021328_17325130.jpg

都会の真ん中で 静かに のびのびと咲くバラたち...
多くの人に見ていただきたいという気持ちと
あまり有名な場所になって欲しくない...という思いが入り交じるのですが
コッソリ教えちゃいますね...

そのホテルの名は
『ザ・プリンス パークタワー東京』です。


静かにバラを愛でたいという方には ほんとうにお薦めの場所です.....

e0021328_19244472.jpg

[PR]
by setsukocookie | 2011-05-22 15:33 | ガーデニング&植物 | Comments(4)

薔薇を見に

神代植物公園(東京都調布市)に行ってきました。
昭和36年に開園し、年間を通して花を観賞できることで広く親しまれている植物園です。私は今回初めて訪ねました。
e0021328_16464457.jpg
正門から入るとすぐに菊の花車が私たちを迎えてくれました。

バラの季節はなんと言っても5月から6月。秋はそれほど咲いていないかも....と期待を控えめにしていましたので、沢山の花を咲かせていることに驚きと感激でした。植物を愛する人たちでバラ園は大にぎわいでした。

e0021328_12331682.jpg
《モナリザ》
オレンジとピンクの混ざり合った大輪の花は、謎の微笑みのよう....?

e0021328_10361525.jpg
《マチルダ》
優しい色と、うつむき加減が素敵です。

e0021328_12334881.jpg
《プリンセス オブ ウェールズ》
故ダイアナ妃に捧げられたバラ。気品に満ち溢れています.....

e0021328_1234677.jpg
《スヴニール ド アンネ フランク》
この微妙な色合いと優雅な曲線は、まるで芸術作品のよう...


e0021328_16451040.jpg
温室では色とりどりの睡蓮が咲いていました。

e0021328_2151030.jpg
高さ4mものパンパスグラスのある芝生広場と傾きかけた太陽...


広大な敷地と植物の種類の多さはまさに圧巻で、時が経つのも忘れて見入ってしまいました。“四季折々”どころか、月単位、週単位で表情を変えていくであろうこの植物園。次は何の花を見に行こうかしら...と考える楽しみが増える、とても魅力的な場所でした。
[PR]
by setsukocookie | 2006-11-23 23:55 | ガーデニング&植物 | Comments(13)